(左から)ジョン・ウー監督、ギャガ代表取締役会長CEO依田巽氏

写真拡大

 本日4月26日、都内にてギャガ株式会社の2017-2018ラインナップ発表会が行われ、ジョン・ウー監督が『追補 MANHUNT(原題)』のプレゼンテーションを行なった。

参考:ジョン・ウー×福山雅治タッグ作、大阪でイベント開催 福山「ここまでのアクションは経験がない」

 『追補 MANHUNT』は、高倉健と中野良子主演で佐藤純彌監督が1976年に映画化した、西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』を『男たちの挽歌』『レッドクリフ』のジョン・ウー監督が再映画化したもの。同僚女性の殺害容疑をかけられた国際弁護士の杜秋(チャン・ハンユー)と、杜秋を追い詰めながらも容疑そのものに疑問を持ち始める敏腕警部の矢村聡(福山雅治)の姿を描く。

 本プレゼンテーションのために来日したジョン・ウー監督は、「子供の時から日本映画が大好きで、影響もたくさん受けてきました。特に三船敏郎さんや高倉健さんは自分にとってアイドルのような存在でした」と日本映画からの影響を語りながら、「特に高倉健さんとはお会いしたこともあり、一緒に仕事がしたいと思っていましたが、彼が亡くなってしまい悲しく辛い思いをしました。なので、彼の作品に関わりたいと思っていました。そんなタイミングで今回の作品の話をいただいたので、すぐに引き受けることにしたのです」と制作の背景を明かす。

 過去にCMで一緒に仕事をして以来のタッグとなる福山については、「『君よ憤怒の河を渉れ』では、原田芳雄さんの役があまりにクールすぎて少し人間味がないように感じました。私はこの役をもっと人間味のある役にしたかった。彼に演じてもらえれば、この役がもっと人間味のある優しい役になるのではと思ったのです」と起用理由を語り、「彼の笑顔を見るとホッとするし、幸せになる。彼の歌を聴いても、地球に住む人はみんな友達なんだというイメージを抱くのです」と福山を褒め称えた。

 本作は全編日本で撮影されている。大阪でのロケについての質問を受けたジョン・ウー監督は、「撮影当初は腰や背中が痛かったのですが、日本のスタッフを真似てお辞儀をしていたら自然と痛みがなくなり、健康になりました」と会場を笑わせる一幕も。

 さらに、「日本人スタッフのプロ意識の高さは尊敬に値します。ハリウッドに負けていない」と日本のスタッフとの仕事ぶりを絶賛し、「役者に近い演技力を持った大勢のエキストラの方々が集まってくれました。しかもほとんどがボランティアで参加してくれたのです。これは40年に及ぶ私の映画人生の中でも初めてのことで、皆さん文句ひとつ言わずに協力してくれました。この作品をいいものにしないと、エキストラの方々にも申し訳ない」と参加したエキストラに感謝の気持ちを述べた。また、大阪での撮影時のエピソードとして、「大阪のおばちゃんは常にポケットにあめちゃんを入れていて、誰彼構わずあめをくばっていました」と大阪の“あめちゃん”文化に触れたと話した。

 撮影を終え現在ポストプロダクション中の本作の出来栄えについて、ジョン・ウーは「非常に自信があります。この映画ではふたつの国の文化を見せたいと思っています。たとえ育った文化や背景の違う人たちでも、友情を育むことができるということを強調したかった」と手応えを示しつつ、「この作品以外にも日本で撮影する計画があります」と新たな日本での撮影作品の計画も明かし、会場を後にした。

 なお会場では本邦初公開となる『追補 MANHUNT』のメイキングと特報映像が披露。映像には、チャン・ハンユー演じる国際弁護士の杜秋と福山演じる敏腕刑事・矢村が大阪の街中や駅の中を駆け回る様子などが映し出された。

 2018年公開予定の『追補 MANHUNT』をはじめ、今回発表されたギャガの2017年から2018年にかけてのラインナップ作品は全31作品。すでに発表されていた是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』や、イザベル・ユペールが第89回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたポール・ヴァーホーヴェン監督最新作『エル ELLE』などに加え、ジョエル・エドガートン主演の心理スリラー『IT COMES AT NIGHT(原題)』、トム・ハンクスとエマ・ワトソンが共演するSNSスリラー『THE CIRCLE(原題)』、エル・ファニングとニコール・キッドマンが共演するジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作『HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES(原題)』などが新たに発表された。

【ギャガ 2017-2018 ラインナップ作品一覧】
■ギャガスター
『劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY-』(5月6日(土)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー)
『美しい星』(5月26日(金)TOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー)
『怪物はささやく』(6月9日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー)
『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー)
『ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜』(7月22日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー)
『エル ELLE』(8月 TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー)
『三度目の殺人』(9月9日(土)全国ロードショー)
『OVERDRIVE(原題)』(9月 TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー)
『IT COMES AT NIGHT(原題)』(2017年 全国順次ロードショー)
『THE CIRCLE(原題)』(2017年 全国ロードショー)
『KUBO AND THE TWO STRINGS(原題)』(2017年 全国ロードショー)
『THE PARIS OPERA(英題)』(2017年冬 Bunkamuraル・シネマ ほか全国順次ロードショー)
『HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES(原題)』(12月2日(土)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー)
『嘘八百』(2018年 全国ロードショー)
『THE LEISURE SEEKER(原題)』(2018年 全国順次ロードショー)
『LUMIERE!(原題)』(2018年 全国順次ロードショー)
『THE COMMUTER(原題)』(2018年 全国ロードショー)
『追補 MANHUNT(原題)』(2018年 全国ロードショー)

■ギャガプラス
『イップマン 継承』(4月22日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー)
『ラプチャー ー破裂ー』(6月3日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー)
『リベンジ・リスト』(6月17日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー)
『47 METERS DOWN(原題)』(8月12日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー)
『WILL YUO BE THERE?(英題)』(10月 ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー)
『THE ASSIGNMENT(英題)』(2017年 全国順次ロードショー)
『COLD HELL(英題)』(2018年 全国順次ロードショー)
『THELMA(原題)』(2018年 全国順次ロードショー)
『NOVEMBER CRIMINALS(原題)』(2018年 全国順次ロードショー)
『THE GUARDIANS(英題)』(2018年 全国順次ロードショー)

■ギャガエックス
『JULIE AND THE SHOE FACTORY(英題)』(9月下旬新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー)

■新規事業部
『ゼロから始める魔法の書』(4月よりAT-X、TOKYO MX、tvk、サンテレビ、KBS京都、BSフジにて放送中)
『天使の3P!(スリーピース)』(7月より放送開始)

(リアルサウンド編集部)