本田技研工業は4月24日、新型「シビック TYPE R」の走行テストをドイツのニュルブルクリンク北コースで行ない、FFモデル最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。

 

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で行われたもので、先代シビック TYPE Rのラップタイム7分50秒63から実に6秒83も更新。新型の運動性能がさらに向上したことを証明した。

 

2.0リッターVTECターボは320馬力

 

これまでFF車最速の座を保持していたのはフォルクスワーゲン 「ゴルフGTIクラブスポーツ」で、そのタイムは7分49秒21。この記録も大幅に超えたことになる。

 

新型シビック TYPE Rは、2.0リッターVTECターボエンジンの進化により、クラストップレベルとなる最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する。

 

また、搭載される6速MTのローレシオ化によって、先代モデルに対して加速性能を向上させることに成功。さらに新開発プラットフォームやねじれ剛性を向上させつつ軽量化を果たしたボディ、マルチリンク式リアサスペンションの採用により、ステアリングの応答性やコーナリング性能を向上させている。

 

なお、新型シビック TYPE Rの生産はホンダ・オブ・ザUKマニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the U.K. Manufacturing Ltd.)で行なわれ、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される。