ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

写真拡大

全世界興行収入1,193億円を叩き出し、日本でも興行収入45億円突破、観客動員数約300万人の大ヒットを記録したスター・ウォーズプロジェクトの劇場公開最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、4月28日(金)にMovieNEX初回限定版で発売決定! さらに、デス・トルーパースペシャリストの特製フィギュアやキャラクターアートカードなどがセットになったファン必携のMovieNEXプレミアムBOXも数量限定で同時発売。

この度、MovieNEXのブルーレイ特典ディスクに収録されているボーナス映像の中から、デス・スター計画の中心人物である帝国軍のクレニック長官について明かされる映像の一部が到着した。

本作は、ジョージ・ルーカスのアイデアから誕生した初めて描かれるキャラクターたちによる、新たな世界を描いたもうひとつの『スター・ウォーズ』。物語の舞台は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。ジェダイが滅んだ後、圧倒的勢力を持つ帝国軍の強力な兵器デス・スターの誕生と、それを阻もうとする反乱軍の名もなき戦士たち"ローグ・ワン"の誇り高き戦いを描いた物語。

本作に登場した帝国軍の高階級将校オーソン・クレニックこそ、"星ごと吹き飛ばせる"破壊力を持ち、銀河全体を恐怖に陥れるデス・スター計画を立ち上げ、推し進めた張本人だ。トレードマークは真っ白な軍服で、デス・トルーパー部隊を率い反乱軍の殲滅に奔走する。

「クレニックは野心的で冷酷で、危険なほど暴力的だ。新しい計画に果敢に挑む姿勢を持つ。一大プロジェクトの成功に情け容赦なく突き進むからね」と語るのは、共同脚本を手がけたクリス・ワイツ。演じたベン・メンデルソーンはデス・スター計画を「彼のすべて」と言い切り、「監督からクレニックの役柄について説明された。特に、彼の抱える情熱とデス・スターに費やした彼の努力についてね」と、役作りには余念がなかったこと明かしている。

この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

壮大なサーガの原点となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は4月28日(金)MovieNEX発売!4月19日(水)先行デジタル配信開始!(海外ドラマNAVI)