MakeUseOf:Netflixが世界中でトップ翻訳者を探しています。海外市場拡大に伴い、コンテンツを英語以外の言語に翻訳する必要があるのです。Netflixの仕事がバイリンガルのあなたを待っているかもしれません。ただし、採用試験に合格すればの話なのですが。

2016年1月、Netflix は一気に市場拡大を進めました。一夜にして、130か国でサービス提供を開始し、同社のストリーミング配信が世界190か国以上で利用可能になったのです。次の課題は、グローバルコンテンツが英語以外の言語でもきちんと理解してもらえるようローカライズすることです。そこであなたの力が必要というわけです。

Netflixが優れた翻訳者を必要とするわけ


Netflixは、世界中の優れた翻訳者を大々的に募っています。優秀な翻訳者はなかなか見つからないことを踏まえ、Netflixは独自の翻訳者採用選抜試験を作成して、そのテストツールをHERMESと名づけました。

Netflixは、HERMESについて自社ブログでこんなふうに説明しています。「5年前は英語、スペイン語とポルトガル語のみに対応していたものが、現在は(中略)20ヵ国語を超え、その数は増え続けています」「世界中のユーザーのために、最上の翻訳を手掛けることができる一流の翻訳者が、各国の言語で早急に必要とされています」

受験資格は問われませんが、事前に、応募フォームと質問票に記入する必要があります。テストは、5つの部分に分かれており、所要時間は計90分です。受験後、管理者が答案を評価・採点 し、受験者に合否の連絡をします。

このテストに合格すると、Netflixの字幕翻訳者への道が開かれるのです。残念ながら、Netflixの社員になれるというわけではなく、別会社から受注するかたちになります。しかし少なくとも、あなたのレジュメにとても興味深い経歴が加わることは間違いありません。


英語は唯一の言語ではない


Netflixは、このプロジェクトの究極の目的をこう説明しています。「ユーザーの皆さまには「ご自身の」言語でご満足いただきたいという願いがありますが、同時に制作上の意図や文化のニュアンスを汲み取り、品質を損なわないことも重要な課題です」。立派な姿勢ですが、「Netflixでは、主流言語が英語ではなくなりつつある転機を迎えています」と言っているとおり、必然策でもあったようです。

2か国語以上に堪能、映画を早く正確に訳せる、Netflixのコンテンツを英語以外の言語で見ている、 他言語に翻訳されたNetflixのコンテンツを増やしてほしい、という人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


Netflix Wants You... to Translate Its Content|MakeUseOf.com

Dave Parrack(訳:和田美樹)
Photo by Shutterstock