[NAB2017]AJA、12G-SDIとFiber接続のミニコンバーターを発表

写真拡大

1入力6分配の12G-SDIリクロッキングディストリビューションアンプ「12GDA」

AJA Video Systems社は、1入力6分配の12G-SDIリクロッキングディストリビューションアンプ「12GDA」、SDI転送コンバーター「12GM」と、SDI/光ファイバーコンバーターFiDOシリーズ向け「マルチモードFiber SFPオプション」を発表した。2017年夏発売予定で、希望小売価格は、12GDAが税別70,000円。12GMが税別126,000円。マルチモードSFPはAJA SFP Configuratorの注文時に選択可能。

12GDAは、12G/6G/3G/SD-SDI対応のリクロッキングディストリビューションアンプ。4K/UltraHDシングルリンクのワークフロー向けに12G-SDIにも対応可能。入力信号を6系統に分配し、バッファして出力することで入力信号と同じ状態まで回復可能。入力信号の自動検出、リクロッキングとケーブルイコライゼーション、LED信号検出インジケーターを搭載している。

SDI転送コンバーター「12GM」

12GMは、12G-SDIからQuad 3G-SDIへの変換とQuad 3G-SDIから12G-SDIへの変換が行える。1.5G、3G、6G、12Gビットレートの4K/UltraHDワークフローに対応。このマクサー/デマクサーは、マルチリンクSDI信号からシングルリンクSDI信号への変換と、その逆方向の変換が可能。

FiDOシリーズは、これまでシングルモードの光ファイバーのみの対応に、マルチモードSFPオプションが追加されされた。これによりFiDOミニコンバーターシリーズは、光ファイバーケーブルを使用して信号を最大700メートル(OM4)または300メートル(OM3)伝送が可能となった。マルチモードSFPまたはオプションの CWDM SFPに対応するラインアップは以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • FiDO-R-X:シングルチャネルLCファイバー→3G-SDI
  • FiDO-T-X:シングルチャネル3G-SDI→LCファイバー
  • FiDO-TR-X:3G-SDI/LCファイバートランシーバー
  • FiDO-2R-X:デュアルチャネルLCファイバー→3G-SDI
  • FiDO-2T-X:デュアルチャネル3G-SDI→LCファイバー
  • FiDO-4R-X:クアッドチャネルLCファイバー→3G-SDI
  • FiDO-4T-X:クアッドチャネル3G-SDI→LCファイバー