優希美青、佐野勇斗、清原果耶、賀来賢人が参戦

写真拡大

 広瀬すずが主演を務める映画『ちはやふる』続編のタイトルが『ちはやふる -結び-』になったことが明らかになったとともに、新キャスト4名が発表された。公開は2018年。

 末次由紀の大人気コミックを基に、競技かるた(=百人一首)に情熱を傾ける高校生たちの青春を描いた『ちはやふる』。今作では広瀬、野村周平、真剣佑、上白石萌音、松岡茉優ら主要キャストが再集結し、前作から2年後の主人公・千早(広瀬)をはじめとする瑞沢高校競技かるた部の面々の成長を描く。

 さらに続編より登場する新キャスト4名も決定。太一(野村)に一目ぼれして、かるた部に入部した恋に恋する恋愛体質の新入生・花野菫には「マッサン」や「あまちゃん」などで知られる優希美青。同じくかるた部に入部した新入生・筑波秋博には昨年ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」で注目を浴びた佐野勇斗。

 映画オリジナルキャラクターとなる、千早のライバルで現役準クイーンの我妻伊織には、映画『3月のライオン』に出演した清原果耶。原作において重要キャラクターである、史上最強の名人・周防久志をドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」での怪演が記憶に新しい賀来賢人が演じる。

 広瀬は「(続編)サプライズ発表から約1年。そして、今回、新たなキャストの皆さんの大きな力と共に、より成長した千早を生きていきたいと思います」と意気込みながら、「既に監督からも大きな課題を頂きました。大事に大事に。監督、スタッフの皆さん、キャストの方々の思いを結んだとき、真っ赤なちはやふるになるはず。楽しみにしていて下さい。私も本当に楽しみです」とアピール。

 前作に引き続き監督・脚本を務める小泉徳宏は「(前作の)上の句・下の句を撮影したのが2015年の春夏。実際の時間経過通り、物語の舞台は前作から2年後の高校3年生に設定しました」と明かし、「広瀬すずさんをはじめとする役者たちの2年分の成長に加え、新メンバーも参戦し、映画『ちはやふる』が格段にパワーアップして帰ってきます。『青春恋愛スポ根映画、ここに極まる』と言われるよう、俳優・スタッフ一同、青春全部懸けます」と気合を込めた。

 原作者の末次も「続編の制作が本当に始まるのだと、また夢のような時間が来るのだとワクワクが止まりません。脚本も『ちはやふる』の面白い部分が凝縮した新構成で、とても新鮮で嫉妬するほどです」と期待を寄せている。(編集部・中山雄一朗)