庄司の筋肉ネタにジェームズ・マカヴォイ爆笑!

写真拡大

M.ナイト・シャマラン監督のスリラー映画『スプリット』(5月12日公開)の来日記念イベントが4月26日に東京・スターライズタワーで開催され、シャマラン監督と主演のジェームズ・マカヴォイが出席。特別ゲストとしてお笑いコンビの品川庄司(品川祐、庄司智春)と現役高校生女優の高橋ひかるが駆けつけ、シャマラン監督に起用してもらうべく熱烈アピールした。

【写真を見る】庄司、上半身裸になってシャマラン監督に熱烈アピール!

本作は、23もの人格を持つ謎の男(ジェームズ)に誘拐・監禁された3人の女子高生たちの運命を描くサスペンス・スリラー。映画監督としての一面も持つ品川祐は、「『シックス・センス』を観た時の衝撃。あのオチで映画界は変わった。憧れです」とシャマラン監督を前に喜びの一言。

品川が、お笑い芸人でもあり映画監督でもあることを知ったシャマラン監督は「そういうことで、コンビの間で気まずさはないの?」と鋭い質問を投げかけ、庄司も「大いにありますよ!」とコメント。「立場と収入の違いがありますから」とシビアな現実を訴えると、マカヴォイも大爆笑だった。

庄司の数々のコメントがツボに入った様子で、終始、楽しそうな笑顔を見せたマカヴォイ。庄司が「マカヴォイさんの筋肉がすごい。僕も鍛えているんですよ」と対抗心を見せると、マカヴォイは「僕も鍛えました。すべて見せてくれるんですか?」と庄司に筋肉披露のお願い。庄司が上半身を脱いで「マカヴォーイ!」と絶叫ネタまで見せつけると、マカヴォイも「イェーイ!」と大喜びだった。

さらに「使ってくれますか?」とシャマラン監督に視線を向け、「シャマラーン!」と叫びつつハリウッド進出を狙った庄司。現役女子高生女優の高橋も「Please take me to Hollywood!」と英語で熱いメッセージを送り、シャマラン監督もご満悦の表情。高橋については「間違いなく輝ける人。表情もとてもピュアで意志が伝わって来る」と彼女の存在感に太鼓判を押していた。

今回が7度目の来日となるシャマラン監督。「日本は特別な国」と日本への愛を語り、「『ヴィジット』で来日した時も色々なアイディアが浮かんだ。いろんなアイディアをもらうためにももっと日本に来なければ」とにっこり。「今夜、深夜1時には重大発表があるよ!僕のTwitterをチェックして」と呼びかけるなど、エネルギッシュな姿を見せていた。【取材・文/成田おり枝】