昨季賞金王の池田勇太が国内2戦目に挑む(撮影:村上航)

写真拡大

<中日クラウンズ 事前情報◇26日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
先週、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ「パナソニックオープン」では、米ツアーでの連戦から「4日目に疲労がボンと出た」と最終日に失速、36位タイで競技を終えた池田勇太。今週は、「先週に比べると体はいいです」と話した。
池田勇太に嬉しいサプライズ!黄金に輝くウェッジ&パターに…
昨年大会は5位タイでフィニッシュ。コースに対する嫌なイメージは無く、「ゴルフの調子も悪くない」という。今年は3月の平均気温が低く、例年よりも芝つきが悪くなってしまった。「運、不運があると思うけど、それを上手く味方にできれば」と意気込んだ。
先週は得意コースで鬱憤を晴らせぬまま終ってしまった。「今週はじっくり攻めたい」、難コース和合としっかり向き合いながら戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

不満残る池田勇太、スコア伸ばすも「納得いくゴルフではない」
ギャラリーと一体に、若手も徐々に存在感 変わりつつある男子ツアー【ツアーの深層】
池田勇太、賞金王として迫力の1打で沸かす!「野郎なんで、ゴルフで魅せるしかない」
今週は松山英樹とタッグ 「移動にはもう慣れた」谷原秀人が描く世界転戦ツアー
なぜパナソニックはゴルフツアーの男女同時開催にこだわるのか!?