Leessang ケリ、マレーシア公演がキャンセルに…現地主催会社の“契約金未払い”が原因

写真拡大

最近マレーシア公演を突然キャンセルしたLeessang ケリの韓国エージェンシーが立場を明かした。

ケリは5月21日、マレーシアで単独コンサート開催が予定されていた。しかし、最近マレーシアの主催会社であるエースミュージックプロダクションは、公演を約1ヶ月前に控えた18日、公式Facebookを通して「予期せぬ事情」だと公演キャンセルを知らせた。

ところが、ケリの韓国エージェンシーの関係者は昨日(25日)、TVレポートに「知らされていることとはかなり違う」と反論した。“予期せぬ状況”ではなく、マレーシア主催側の契約不履行のためだということ。

関係者は「公演がキャンセルされた理由は、契約金の支払いが履行されなかったためだ」と説明した。契約金の支払い時期を数回延長したにも関わらず、契約金支払いを引き伸ばしにしていたということ。今年3月初旬、マレーシア公演が決まったが、マレーシアの主催会社は契約金の支払いを延期し、結局やむを得ずマレーシア公演を諦めることになった。ケリの他に違うアーティストAの公演も、同じ理由でキャンセルされたという。

それにも関わらず、主催側がSNSで「予期せぬ状況による公演キャンセル」と明示し、観客の誤解を招いたというのが、ケリの韓国エージェンシーの説明だ。関係者によると、現在この告知は「主催会社のやむをえない事情」に修正された。

関係者は「金銭的損失が発生したわけではないが、マレーシア側の告知により困惑している」とし「新たな被害者が出ないことを願う」と懸念した。