25日、中国外交部の耿爽報道官は、アフガニスタンでアヘン生産が増加したのは中国産の遺伝子組み換えのケシの種が使われていることに起因するとの報道に反論した。資料写真。

写真拡大

2017年4月25日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、アフガニスタンでアヘン生産が増加したのは中国産の遺伝子組み換えのケシの種が使われていることに起因するなどと報じられたことについて、「中国はケシ製品をアフガニスタンに輸出したことも、いわゆる『遺伝子組み換えのケシ』を植えたこともない」と述べ、反論した。中国国営新華社通信が伝えた。

米メディアのCNBCは、2016年のアフガニスタンのアヘン生産量が前年比43%増加し、過去最高を記録したと指摘した上で、国連薬物犯罪事務所(UNODC)関係者の話として、中国からの遺伝子組換えのケシの種の使用に起因すると伝えていた。

耿報道官は「報道は真実ではない」と否定した上で、「中国はケシ製品をアフガニスタンに輸出したことも、いわゆる『遺伝子組み換えのケシ』を植えたこともない。私たちの理解では、国連の関連機関とアフガニスタン当局は、いわゆる『遺伝子組み換えのケシ』について確認しておらず、特定の国にその問題について発言もしていない」と指摘。

その上で「中国政府は、薬物犯罪との戦いやケシの違法栽培について確固たる姿勢を示している。われわれは国際的な麻薬対策協力に積極参加し、アフガニスタンの麻薬対策能力向上に相応の支援を行っている。中国は、アフガニスタンや他の地域諸国との麻薬対策協力をさらに深化させ、両国と周辺地域の人々のために、健康で安全な生活環境を守る」と述べた。(翻訳・編集/柳川)