写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは4月26日、チップセットにRyzen対応のAMD A320を搭載したマイクロATXマザーボード「PRIME A320M-K」を発売した。店頭予想価格は税込10,000円前後。

デジタル電源回路「DIGI+ VRM」に加えて、自動でPCの消費電力を抑える電力制御チップ「EPU(Energy Processing Unit)」を搭載。EPUの動作設定はUEFIから変更可能で、性能を維持しつつ消費電力を削減したり、性能を抑えて大幅に消費電力を落としたり、機能自体をオフにすることもできる。

また、過電圧保護回路や、CPUへ供給する電力を細かく調節できるデジタル電源回路、金属で補強したPCI Expressスロット、静電気保護回路を備えたLAN機能、ステンレス製バックパネルといった保護機能「5X PROTECTION III」や、CPUファンとケースファンの回転数を温度に応じて細かく制御できる「Fan Xpert」などの機能も備える。