Audi Q2、デザイン スタイル要素「ポリゴン」を採用したコンパクトSUVを発表


アウディ ジャパンは、アウディラインナップで最もコンパクトなSUV、Audi Q2の日本向けモデルの商品概要と価格を発表し、受注を開始し、発売は6月中旬となる。


Audi Q2は、Audi Q3よりもさらに一回り小さいコンパクトSUVで、全長4,200mm、全高1,530mmのボディは日本の都市環境下でも優れた機動性を発揮する一方で、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティを確保している。新しいデザイン要素であるポリゴン(多角形)を取り入れた個性的で存在感あるエクステリアや、軽量ボディと力強いTFSIエンジンによるシャープでスポーティなドライブ感覚、最新のアシスタンスシステムやコネクト機能の搭載を特徴としている。


導入するAudi Q2は、85kW(116PS)の1.0ℓ TFSIエンジンを搭載したAudi Q2 1.0 TFSI、Audi Q2 1.0 TFSI sport、110kW(150PS)を発揮する1.4ℓ TFSIエンジンを搭載したAudi Q2 1.4 TFSI cod sportの計3モデル。また、今回の発売を記念し、1.4ℓモデルをベースにした特別仕様の"Audi Q2 1st edition"を全国280台限定で販売する。


アウディ ジャパン代表取締役社長 斎藤 徹は、「いつものアウディとデザインが少し違い戸惑いも感じました。近年SUV、クロスオーバー市場は急成長しています。Q3と言う兄貴分のクルマがいるなかで何故このクルマを開発したかというと、そこには理由があります。特にこのコンパクトSUVセグメントは、ボディスタイルが多様化し多くのニューモデルがあり人気が非常に高まっています。アウディのコンパクトSUVには、2011年に導入されたQ3がありますが、このQ2によって更に若い世代にクルマを提供して行きたい。ターゲットとするお客様ですが、Q2は、アウディユーザーの中で最も若い年齢層になると想定しています。例えば30代から40代前半の独身の方、カップル、そしてヤングファミリーをイメージしています。これまでのアウディのお客様と比べても、強いこだわりや高い情報交換度をお持ちの方、そしてクリエイティブな思考やライフスタイルを追求されている方々に是非Q2をお選びただければと思います」と語った。


Q2のエクステリアデザインを担当したAudi AGのマティアス・フィンクは、「Q2の構想と開発のストーリーをお話しします。2012年のある夏の日、プロジェクトを統括する同僚が私のところへ来て落ち着かない様子で来てこう尋ねました。
「マティアス、Qモデルのスケッチある?小さめに見えるものが良いんだけど。というのも役員会が、Q3よりも下のQモデルを作りたいと言っているが名前さえも決まっていなく、ただ若者向けのQモデルと言う事だけなんだ」と言われました。
私はなんて素晴らしい仕事なんだと思い、すぐにお客様象の分析を開始しました。まず都会に住む若者、そして30歳から40歳、実は2012年当時は私は丁度30歳でした。このモデルは、私の世代向けのクルマなんだと思いました。と言う事は自分自身に対するクルマを作ればいいと考えた訳です。そして都会に住む若者なので先進的なライフスタイルをしている、それから主流では無く個性を大事にする人達、趣味やスポーツレジャー、そしてビジネスも。こういった人達には、一番大事なのはすべてを1台のクルマでこなす事なのです。
そしてこういった人達は自分のライフスタイルを自由に表現したいと考えています。でもどうやってデザインに落とし込んだらいいのかと考えました。どういったスタイル要素を入れたらいいんだろうかと考えた分けです。


そこで思いついたのが、河原に転がる石です。何千キロも運ばれた石は丸みを帯びて表面は滑らかでどれも同じような形状をしています。しかし源流に近い所にある石は、そうではありません。それぞれが違った形状で角がありゴツゴツしてエッジがあります。このエッジこそがヒントになりました。このエッジをヒントにQ2の基本的なスタイルをスタイル要素として「ポリゴン」(多角形)を採用しました。このカット面、それからコントラスト、そしてその異質性からこれがこの世代の象徴として完璧にマッチするだろうと考えました。そして実際にQ2を見てみるとプロポーションと佇まいが目を引きます。非常にコンパクトでオーバーハングがフロントもリアも短くなっています。そしてほぼ正方形のフットプリントです。殆んどゴーカートの様な感じでこれは、実際に乗って頂くとわかります。そして一枚岩のような削られた石のような外観をしいます。ルーフ部分は切り取られた様になっていて地上高非常に広くて高くなっています。ワイドなショルダー、それからメリハリのある4本のホィールがQ2の大きな特徴となっています。」と述べた。


Audi Q2の希望小売価格(消費税込み)は、Q2 1.0 TFSI 2,990,000円、Q2 1.0 TFSI sport 3,640,000円、Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sport 4,050,000円、Q2 1st edition 4,900,000円〜(限定280台)。6月中旬から年内の目標販売台数は、2500台。

【ギャラリー】Audi Q255

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html