人をゾンビのように変えてしまうことからゾンビドラッグとも言われるドラッグ「スパイス」には、他にも「フェイクウィード(ニセ大麻)」、合成大麻、K2など、多くの名がある。その正体は、天然の大麻に似せて化学的に合成されたドラッグだ。危険な作用が、何年も前から報告されている。

先週は、刑務所の独房で首吊り自殺をした全米プロフットボールリーグ(NFL)の元スター選手、アーロン・ヘルナンデス(享年27歳)の遺体から発見された。検視の結果、殺人罪で終身刑に服していたヘルナンデスの腎臓に残った体液からスパイスの痕跡が見つかったのだ。

【参考記事】米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

スパイスを使うと、さまざまな副作用や症状に長く悩まされるおそれがある。大麻やタバコのように、火をつけてその煙を吸うことで摂取する。スパイスに含まれる有効成分はカンナビノイドで、米国立薬物乱用研究所によると、新種のドラッグである新規向精神薬の一種だという。「精神を変容させる」作用を持つとされる。

スパイスがカラフルな包装で出回り始めたのは2000年代初頭のことだ。CBSニュースが2017年2月に報じたところでは、現在までに、知られている化合物は150種類以上に達するという。全米各州がこれらの物質を違法薬物に指定しているが、法による取り締まりを回避するため、新たな組成の化合物が次々と登場し、今も街中で取引されているのが現状だ。

手紙に染み込ませた可能性も

ヘルナンデスの場合も、本人が何らかの手段を使い、郵便でこのドラッグを入手することは可能だったとみられる。捜査当局からの情報によれば、液体状にしたスパイスを浸した紙を、手紙として送ることも考えられるという。

ヘルナンデスは2015年4月、婚約者の妹の交際相手だったオーデン・ロイドを射殺したとして第1級殺人で有罪となり、収監されていた(他にも2人を殺した容疑で公判中だったが、自殺する前に無罪になったばかりだった)。

ヘルナンデスの悲劇は、スパイスの犠牲になったスター選手の一例にすぎない。ヘルナンデスと同じく元ペイトリオッツのラインバッカー、チャンドラー・ジョーンズも2016年1月、合成大麻による「悪性の薬物反応」により入院した。

【参考記事】セックスとドラッグと、クラシック音楽界の構造的欠陥

グレッグ・プライス