水戸、MF小島の負傷離脱を発表 右足中足骨骨折で全治3カ月のおそれ

写真拡大

 水戸ホーリーホックは26日、MF小島幹敏の負傷離脱を発表した。

 クラブ公式HP上の発表によると、小島は13日に水戸市内の病院で検査を受け、右足第5中足骨の骨折と診断されたという。全治に3カ月かかる見通しで、同選手は長期間の戦線離脱を強いられることとなった。

 小島は1996年生まれの20歳。大宮アルディージャのジュニアユースからユースに上がり、その後トップチームに昇格。2月に育成型期限付き移籍という形で水戸に加入していた。今シーズンはここまでリーグ戦5試合に出場している。