「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」新潟で開催、3月のライオンとハチクロの原画展示

写真拡大

「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」が、2018年1月13日(木)から2月18日(日)まで新潟市マンガ・アニメ情報館にて開催される。

柔らかな作風で、どこか心温まるようなストーリーを描いてきた漫画家・羽海野チカ。彼女の代表作といえば、長編デビュー作にして男女問わず圧倒的支持を得て、2006年に実写映画化された『ハチミツとクローバー』、そして前編・後編の2度にわたって公開された『3月のライオン』だろう。『3月のライオン』は、2011年に第4回マンガ大賞、第35回講談社漫画賞一般部門、2014年に手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した、まさに名作である。

大丸梅田店と東武宇都宮百貨店、松坂屋名古屋店においても開催された本展。会場では、代表作2つのストーリーを中心にスポットを当て、原画を含む150点以上の作品を展示する。そのほか、併設されたショップでは、貴重な複製原画に加えて、オリジナルグッズも販売する。

【詳細】
「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」
会期:2018年1月13日(木)〜2月18日(日)
会場:新潟市マンガ・アニメ情報館
住所: 新潟県新潟市中央区八千代2丁目5-7
入場時間:11:00〜19:00
※土日祝は10:00〜。
※最終日は閉館の30分前まで。
特典付き入場料:1,000円(ウミノグマ指人形付き)
※2018年1月12日(金)まで販売。
※特典は、新潟市マンガ・アニメ情報館にて開催の「羽海野チカの世界展」入場の際に、半券と引き換え。
※特典の引換は会期中のみ。
※本券1枚につき1名1回限り有効。切り離し無効。
入場料(当日券):一般 800円、大学生・高校生 600円、中学生 200円
※未就学児は無料。
※土・日・祝日は小中学生無料。
※中高生は、入館の際に生徒手帳・学生証等を提示。
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方及び一部介助者は無料(受付で手帳を提示)。
※有料20名様以上の団体は2割引。
※常設展示も観覧可。

画像コピーライト: (C)羽海野チカ/集英社 (C)羽海野チカ/白泉社.


[写真付きで読む]「羽海野チカの世界展〜ハチミツとライオンと〜」新潟で開催、3月のライオンとハチクロの原画展示

外部サイト

  • 「ミスドゆるっと福袋2018」ポン・デ・ライオン×"カナヘイ"のピスケ&うさぎのコラボグッズ登場
  • 映画『悪と仮面のルール』玉木宏主演で、中村文則の小説を実写化 - ”悪”を背負った男の究極の愛の物語
  • 映画『かぞくいろ』有村架純が鉄道運転士に、RAILWAYSシリーズ最新作