京都・妙心寺退蔵院で夏のお花見「蓮見の会」"阿じろ"によるブランチも

写真拡大

京都・妙心寺退蔵院で夏のお花見「蓮見の会」を開催。期間は2017年7月8日(土)・7月22日(土)・7月23日(日)の3日間。

優美に蓮と庭園景色を

夏の季語でもあり、7月の誕生花でもある”蓮”。妙心寺退蔵院でも7月上旬から下旬にかけてひょうたん池などの蓮が見ごろを迎える。日を浴び始める朝早くに咲きはじめ、午後にはつぼみに戻ってしまうので、午前中に見るのがオススメ。「蓮見の会」は、そんな清らかで美しい蓮を見ながら、上質なブランチを楽しむイベントだ。

お花見はもちろん、室町期の枯山水庭園「元信の庭」や、四季によっても変化する景色が美しい池泉回遊式庭園「余香苑(よこうえん)」の夏模様なども一緒に楽しめる。また、室町期の画家・如拙(じょせつ)の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」も注目ポイントで、男が瓢箪でなまずを捕らえようとしている様子が見事に描かれている。

ブランチは精進料理「阿じろ」

お花見とともに上品かつ奥深い食を味わえるのも「蓮見の会」のポイント。京都で唯一精進料理店でミシュランの星を獲得した「阿じろ」による、蓮づくし御膳を提供。京都らしく、夏野菜をふんだんに使った素麺、蓮根の胡麻味噌和え、天ぷら、蓮根ごはんに冬瓜の白味噌汁などを予定している。

蓮見の会の詳細

妙心寺退蔵院 蓮見の会
日程:2017年7月8日(土)・7月22日(土)・7月23日(日)
場所:退蔵院 (臨済宗妙心寺派大本山 妙心寺塔頭)
住所:京都市右京区花園妙心寺町35
開催時間:各回 9:30〜11:00(集合・受付 9:20)
※準備の都合上、開始時刻前の入場は不可
店員:各回35名限定
参加費:1名 5,000円(税込) ※特別拝観料・食事代・喫茶含む
※退蔵院特製「蓮の美顔石鹸」のおみやげ付き!

当日の流れ
朝の庭園散策・撮影タイム(蓮の花の鑑賞)/約30分
本堂特別拝観(枯山水庭園「元信の庭」・瓢鮎図の紹介・仏教と蓮のお話)/約20分
庭園内の茶席「大休庵」でお食事・喫茶(「阿じろ」の特別メニュー)/約40分

公式サイト
http://taiken.onozomi.com
※予約は公式サイトより


[写真付きで読む]京都・妙心寺退蔵院で夏のお花見「蓮見の会」"阿じろ"によるブランチも

外部サイト

  • チェブラーシカ カフェが吉祥寺パルコに、映画で使用されたパペットの展示やオリジナルグッズも
  • パブロの「チーズタルトかき氷」贅沢いちご・宇治抹茶・ひんやりチーズタルト
  • ブルックリン発「ゴリラコーヒー」より抹茶&ベリーのアートなサンデー - 東京で提供