パク・ヘジン&オ・ヨンソ、映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」ときめく出会いの雰囲気を盛り込んだスチールカットが公開

写真拡大 (全2枚)

映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」が本格的な撮影を始めた。

26日、映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」側は「20日、ソウルを所々回りながら初撮影に入った」と伝えた。

パク・ヘジンはルックスから学歴まで完璧な男ユ・ジョン、オ・ヨンソはユ・ジョンの本当の姿を唯一見抜いた平凡な女子大生ホン・ソルを務める。

公開されたスチールカットからはときめく出会いの雰囲気がそのまま伝わってくる。パク・ヘジンは抜け目のないイケメンユ・ジョン先輩に扮し、オ・ヨンソはロングのウェーブ姿でスタイルを180度変えた。

この日、初撮影に先駆けパク・ヘジン、オ・ヨンソをはじめパク・ギウン(ペク・インホ役)、ユ・イニョン(ペク・インハ役)、元2NE1のDARA(チャン・ボラ役)、ムン・ジユン(キム・サンチョル役)、キム・ヒョンジン(クォン・ウンテク役) などの俳優たちとスタッフは撮影の無事を祈るコサ(告祀) を行った。

映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」の関係者は「初撮影であるにもかかわらず俳優たちはキャラクターに完璧に変身した姿を見せた」とし、「スタッフたちも感嘆した俳優たちの輝くケミ(ケミストリー、相手との相性) を期待してほしい」と言い、期待を高めた。

スンキ作家の同名のウェブ漫画を原作とする「チーズ・イン・ザ・トラップ」は、キャンパスを背景に“オムチナ(何でもできる完璧な息子)”ユ・ジョンと平凡だが鋭敏な彼の大学の後輩ホン・ソル、どこへ跳ねるか分からない魅力の持ち主ペク・インホを中心に、多様な人物の間で繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。「ワンダフルラジオ」「ミス・ワイフ」などの脚本と演出を手がけたキム・ジェヨン監督がメガホンを取った。