チョン・ウソン、大統領選挙に対する考えを明かす「投票に行くことが大事」

写真拡大

俳優チョン・ウソンが韓国第19代大統領選挙を前に、投票に対する考えを明かした。

チョン・ウソンは最近、ソウル江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) のあるスタジオで行われた「0509 バラプロジェクト」に参加した。これは“無協賛、無団体、ノーギャランティ”を前面に出し、各界各層にいる人々が力を合わせた投票参加を促すキャンペーンだ。

この日チョン・ウソンは「私が考える大統領像は、私情と公正な心を区分する方だ。それでこそ、すべての考えの上に国民のことを考慮することが出来るし、尊敬できる」と話した。

特にチョン・ウソンは、正しいリーダーを選ぶもっとも基本的な行動として“投票”を強調した。続いて「国民は必要によって喪失を選んだが、これからは失われた時間を取り戻すという意志、そしてこのような情勢を引っ張ってくれる人をリーダーとして期待しているようだ」とし、「投票はこれを実現させる第一歩だ」と強調した。

あわせてチョン・ウソンは選挙後、持続的な関心の必要性にも言及した。彼は「私たちの生活と密接的なことであるため、政治家がやるべきだという考えよりは、ちゃんとしているのか、投票してからも意識を持って引き続き注目しなければならない」と付け加えた。

それだけでなく、グラビア撮影で、投票はんこマークがあしらわれたモノクロのTシャツを着てバラの花を持つチョン・ウソンは、完璧なビジュアルを見せ付けている。誰よりも楽しく、情熱的に取り組む姿で撮影現場を和ませた。

チョン・ウソンは韓国で2月に公開した映画「ザ・キング」で、韓国の生きる権力ハン・ガンシク役を演じ、輝かしい熱演で好評を受けた。現在、映画「鋼鉄の雨」の撮影にまい進している。