SECHSKIES、新曲「SAD SONG」MV予告映像を公開…ヤン・ヒョンソク代表が直接編集を手掛ける

写真拡大 (全2枚)

SECHSKIESがカムバックを控えて新曲「SAD SONG」のミュージックビデオ予告映像を公開した。

YG ENTERTAINMENT(以下YG) は26日午前10時、公式ブログを通じてSECHSKIESの新曲「SAD SONG」の音源と歌詞の一部を盛り込んだサプライズ予告映像を公開した。

公開された映像では、映画の予告編を連想させるシーンが続けられ、一気に視線を引きつける。特に薔薇の花、ワイングラス、赤いリンゴなど多様なオブジェと共にメンバーたちの短いそれぞれの魅力を収めた演技が印象的だ。

「悲しい歌、別れの歌、今日だけは聞かせてくれないで」という歌詞とメロディも耳を捉える。

昨年、YGに迎え入れられたSECHSKIESはヤン・ヒョンソク代表に、他の歌手のようにきちんとしたミュージックビデオを制作してほしいと頼んだことがあるという。なぜなら、再結成前である16年前までは、ミュージックビデオを体系的に撮影することができる状況ではなかったからだ。

当時、ミュージックビデオの制作費は数百万円未満のレベルで、当日に急いで撮影するのが一般的だった。今のようにYouTubeもなかったので、ミュージックビデオに対する市場と需要も少なかったのも事実だ。

その後SECHSKIESは後輩たちのミュージックビデオを沢山見て羨ましいとの思いからヤン代表に頼んだのだ。

この前発表した「Three Words」の場合、コンサート映像を編集したものであり、新曲でミュージックビデオを撮影するのは16年ぶりとなる。

SECHSKIESのメンバーたちの願いを誰よりもよく理解しているヤン代表は、制作費を惜しまずにサポートし、編集まで直接手掛けたという。

「SAD SONG」はタイトルとは異なり、悲しい歌はこれ以上歌いたくないという歌詞と、軽快なハウスリズムのリフレーンが妙に調和をなす。

新曲の発表に対する関心が高まっている中、SECHSKIESは27日、デビュー20周年スペシャル「V LIVE」を通じてファンとコミュニケーションし、28日の午後6時に新アルバムを公開する。