写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Uberは、Uber Elevate Summit(2017年4月25日から27日に米国テキサス・ダラスで開催)において、都市の航空エコシステムを取り巻く主要企業および関連団体と、一連の提携を結んだことを発表した。これにより、将来的にはユーザーがボタン一つで都市内およびその周辺地域を高速で飛行移動ができる、新しいオンデマンドVTOL(Vertical Take-off and Landing:垂直離着陸機)ネットワークの開発を目指す。

この取り組みにおけるUberの新たなパートナーとして、不動産企業をはじめ、航空機メーカー、電気自動車の充電器メーカー、自治体などが参加する。

本プロジェクトの最初のパートナー都市は、米国ダラスおよびフォートワースと、アラブ首長国連邦のドバイ。ダラス、フォートワースの両市長は、米国の大都市圏において初となる対応パイロットの発掘支援を表明した。また、Uberはアラブ首長国連邦において、価格設定と交通ネットワークの最適化をよりよく理解するためにドバイの道路交通局と提携した。

両都市とのパートナーシップにより、2020年までにUber Elevate Networkとして初のデモンストレーションを実施することを目指す。ドバイは、2020年に世界博覧会を主催するため、その博覧会で披露できるよう進めていくという。

また、インフラ構築のために地元の不動産企業とのパートナーシップを締結した。Elevate Networkを展開する上で、将来的に使用可能な土地の開拓とVTOLに対応可能な飛行場の建設に取り組む。

さらに、UberはUber Elvateの理念に基づき、電動VTOLを開発する経験豊かな航空機メーカーと提携した。各社の航空機設計と製造における幅広い実績やユニークな専門知識を活かすことで、最短で電動VTOLを市場に投入することを目指す。これらのパートナーは、Aurora Flight Science、Pipistrei Aircraft、Embraer、Mooney、Bell Helicopter。また、Elevate Network専用のVTOL充電システムを開発するため、ChargePointとも提携した。

(田中省伍)