@AUTOCAR

写真拡大

充電拠点、合計で1万5千へ

テスラ・モデル3は、いわばテスラ発のマス向けEV。今や全世界で60万件のオーダー数に達したというのだから、注目度たるや並大抵ではない。

英国におけるデリバリーは、今年の後半を予定しているとのこと。この時点で、全世界の充電ネットワークを2倍にしたいとテスラは語る。

テスラの「スーパーチャージャー」と呼ばれる設備は50全世界で5000ヶ所ある。これを1万まで増やす。既存の「デスティネーション・チャージング」と合わせて1万5千あまりのネットワーク数を達成したいそうなのだ。

「デスティネーション・チャージング」「スーパーチャージャー」とは?

「デスティネーション・チャージング」とは、テスラのカスタマーが、家庭と同じように簡単に充電ができるよう、レストラン/駐車場/ショッピング・センター/リゾートと提携した充電設備のことを指す。

施設に設置されているテスラのウォール・コネクターを使い、買い物中や食事中に充電できる。3時間で最大120km分充電できるとのことだ。

なお「スーパーチャージャー」は、テスラ車を数十分で充電できるコネクターだ。長距離ドライブの際に停車回数を最小限に抑えるよう戦略的に、レストラン、ショッピングセンターやWifiホットスポット付近に設置される。(テスラ公式サイトより)