写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネット向けのサービスを提供する際に必要となるのが独自ドメイン名の取得と、DNSの設定です。今回は、ドメイン名の取得からの一連の流れを解説します。

この記事の執筆者
宮原徹氏

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。
○取得できるドメイン名

ニフティクラウドでは、簡単にドメイン名の取得が行えます。取得できるドメインの種類は以下のページで確認してください。

DNS:ドメイン取得

.jpドメインや.comドメイン、.netドメインなどが取得できます。

○ドメインを取得する

ドメイン名の取得は、以下の手順で行います。

○コントロールパネルをDNSサービスに切り替える

コントロールパネルからDNSサービスを選択します。

○ドメイン新規取得を開始する

「ドメイン新規取得」をクリックします。

○ドメイン名を検索する

まずドメイン名を検索して、取得可能かどうか確認します。同時に複数のTLD(トップレベルドメイン)を検索できます。

○利用規約の確認とWhois情報の登録

取得したいドメイン名のラジオボタンを選択し、「利用規約確認へ」をクリックします。利用規約の内容を確認したら、「利用規約に同意し、Whois情報登録へ」をクリックします。Whois情報登録では、担当者の名前や住所などを入力し、「確認へ」をクリックします。

○登録情報の確認とドメイン名の登録

確認画面でドメイン名、Whois情報などに誤りがないかを確認し、「ニフティクラウド DNSサーバーにゾーン情報を登録する」にチェックを入れておきます。 「登録する」をクリックすると、ドメイン名の取得は完了です。

コントロールパネルで、DNSサービスに取得したドメインが登録されていることを確認します。

続きは、ニフティクラウド ユーザーブログよりご覧ください。
(別サイトへ移動します)

続きを読む

〜index〜
取得できるドメイン名
ドメインを取得する
コントロールパネルをDNSサービスに切り替える
ドメイン新規取得を開始する
ドメイン名を検索する
利用規約の確認とWhois情報の登録
登録情報の確認とドメイン名の登録
DNSにレコードを登録する
DNSゾーン管理を開始
ゾーンの選択とレコード新規作成
登録情報の確認とレコードの登録
名前解決を確認する
まとめ
取得できるドメイン名
○関連記事のご紹介

・コンソールでサーバーに接続する方法
・これから始める人のためのニフティクラウド入門(Linuxサーバー作成編)
・これから始める人のためのニフティクラウド入門(Windowsサーバー作成編)

[PR]提供: 富士通クラウドテクノロジーズ