©Marvel Studios 2017

写真拡大

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を全部見てる勢のみなさん、こんにちは。

【動画】スター・ロードの父登場!?『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』予告編

最初に断言しておきますが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の最大の見どころは、可愛いベビー・グルートではありません(もちろん可愛いですけど)。

また、ノリで銀河を救う話でもありません。

だから、安心して映画館に足を運んで、ボロボロ泣いて帰ってきて、2018年公開予定『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に備えてください。

ポスターに惑わされて、観に行かないと、大損するから!!

MCU史上最高にハートフルな物語

予告編を素直に見ればわかるとおり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、一言で表現すると、登場人物それぞれの “ファミリー” の物語です。

ファミリーと言っても、文字通りの親子関係、兄弟姉妹の家族もあれば、仲間意識の強い集団を “ファミリー” と呼ぶこともあり、その形はさまざまです。

そして、そのひとつ一つに、深く込み入ったストーリーと、エモーショナルな要素があります。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々は、

掠われて宇宙海賊に育てられたピーター・クイル(スター・ロード)
サノスに暗殺者として育てられたガモーラ
遺伝子改造でアライグマにされたロケット
家族を殺され復讐に生きるドラックス
「アイム・グルート」しか喋れずバカにされるグルート

と、自分の意志とは無関係に、自分の力ではどうしようもできない力によって、現在の境遇を生きるハメになっています。

(ガモーラの妹であるネビュラも、実はヨンドゥでさえも、同様です)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの特徴である「ノリ」は、確かに我々観客を愉快にさせます。

が、「ノリ」は彼らの本音ではなく、少し大げさに言えば、逆境を笑い飛ばし、目を背けるために、生まれているもの。

私たちの社会でもそうですが、あまりに明るすぎる性格の人は、心の暗い部分を隠すために、あえて明るく振る舞っている、というケースが少なからずあります。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、前作以上のノリと笑いを見せながらも、彼らのセンチメンタルな部分に、グイグイと迫っていきます。

試写を観ましたが、MCU映画でこんなにボロボロ泣いたのは、初めての経験です。

文句なしに、MCU史上、最高にハートフルな物語だと断言できます。

もちろん、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの特長である、70年代を中心とする音楽も、健在です。

アベンジャーズ最新作の重要な前日譚

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々は、2018年公開予定『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』への登場が決まっています。

現在、撮影真っ只中とのこと。

すなわち、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、アベンジャーズ最新作の前日譚として、絶対に見逃せません。

しかも『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』のヴィランは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで初登場したサノス。

サノス自体は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』には登場しませんが、サノスに育てられた養女姉妹である、ガモーラとネビュラの物語は必見。

また、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』へ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々がどのような状態で登場するのかも、おおよそ推察できます。

小さな小さな「小枝」になってしまったグルートは? ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの最新メンバーは? メンバー同士の関係性は?

興味のポイントは無数にあります。

1作目は絶対観ておけ!

最後に、MCU映画はほとんど観ているけれど、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は漏れていた、というアナタへ。

続編映画というのは、基本的に、前作を観なくても、おもしろく観られるように制作されています。

が、前作を観なくてもよい、という意味では絶対にありません。

特に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、前作を観ているかいないかでは、満足度が2倍も3倍も違うと私は断言します。

必ず、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観てから、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を観に、映画館へ足を運んでください。

最高のディナーは、最高の料理と、最高のワインがあってこそ。

せっかくですから、一方だけで満足するのではなく、最高のエンターテイメントの本質を、存分に味わってください。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
2017年5月12日(金)公開