小林薫&オダギリジョー出演映画「続・深夜食堂」6月の韓国公開を確定…原作が韓国でも“大人気”

写真拡大

映画「深夜食堂」の第2弾シリーズである「続・深夜食堂」(監督:松岡錠司、配給:ディステーション) が前作より豊かになったストーリーと感動を持って2年ぶりに帰ってきた。

「続・深夜食堂」は、今日も苦労した人たちを慰めるため深夜に営業する、特別な食堂の物語だ。「深夜食堂」シリーズの原作である漫画「深夜食堂」は、日本だけで累積売り上げ240万冊を記録した、アジア最高のベストセラーだ。漫画の人気によってドラマ、ミュージカル、映画まで制作され、観客たちから愛されてきた。

特に、韓国の漫画ファンの間でも大人気を博し「深夜食堂」をモチーフにしたテレビ番組が制作されたり「深夜食堂」をコンセプトにしたレストラン、居酒屋などができ、韓国でもすでに親しいコンテンツとして位置を固めた。

2年前、前作「深夜食堂」が初めて映画化され、スクリーンを通じて公開された後、韓国でヒットを記録しながらその人気を再び証明した。今回公開される「続・深夜食堂」こそ、観客たちに「深夜食堂」を記憶させる最高の映画になるだろう。

6月初めに公開するというニュースと共に公開されたメインポスターは、深夜食堂のトレードマークである主人マスター(小林薫) と巡査の小暮(オダギリジョー) を中心に、深夜食堂に訪れたお客さんたちの姿が収められている。0時から朝7時まで運営する特別な深夜食堂の中で、それぞれ違う顔をしている人物たちの姿は、映画中のエピソードに対する好奇心を刺激する。ここに「今日、あなたの一日はどうでしたか?」というキャッチコピーは、観客たちに慰めを与え、共感を引き出す「続・深夜食堂」の暖かい感性をよく表現している。

「続・深夜食堂」は、韓国で6月に公開する予定だ。