コ・ウンミ、新ドラマ「帰ってきたポク・ダンジ」に合流…結婚・出産後2年ぶりの復帰作

写真拡大

女優コ・ウンミがMBC新毎日ドラマ「帰ってきたポク・ダンジ」への出演を確定した。

26日、ドラマ関係者によると「コ・ウンミが結婚、出産を経て、約2年ぶりに今回の作品を通してお茶の間に帰ってくることになった」と伝えた。昨年5月に女の子を出産したコ・ウンミの結婚後初の復帰作で、精力的なドラマ活動を予告した。

コ・ウンミが「帰ってきたポク・ダンジ」で演じるランヨンというキャラクターは、堂々とした魅力を持つ財閥家の娘で、嫉妬の化身。興味津々なストーリー展開と緊張感を吹き込む意外な人物だ。

スリムなボディラインと視線を引きつける演技力を持つコ・ウンミは、2001年映画「ガン&トークス」を通して映画デビューし、MBC「それでもいい」、SBS「黄金の帝国」などに出演し、ドラマと映画を行き来する繊細な演技力を披露してきた。

「帰ってきたポク・ダンジ」は、貧しいが堂々と生きてきた女性がどん底に落ちた王子様に出会い、本当の愛と家族に気付いていく物語を描くドラマだ。