「耳打ち」イ・ボヨン、キム・ホンパ殺害の容疑者に仕立て上げられる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「耳打ち」でイ・ボヨンがキム・ガプスの罠にハマり、キム・ホンパを殺した容疑者に仕立て上げられた。

25日に韓国で放送されたSBS「耳打ち」でチェ・イルファン(キム・ガプス) がシン・ヨンジュ(イ・ボヨン) にソン・テゴン(キム・ヒョンムク) の足どりを見ぬ振りしてほしいと話す様子が描かれた。

この日イルファンはヨンジュとドンジュン(イ・サンユン) に会い、「何か見たとしても忘れてほしい」と述べた。イルファンは「君が見たことを消しさえしてくれれば、カン・ジョンイル(クォン・ユル) を法廷に立ててあげるよ。しっかり計算してみなさい」と脅迫した。

しかしヨンジュはドンジュンに「ジレンマから抜け出す方法は簡単、原則通りやったらいい。私が目撃したものを他の人にも見せたらいいことだ」と述べた。

そして2人はテゴンの当日の足取りを追った。

しかしテゴンはイルファンに「ヨンジュとジョンイルが私の後を追っている」と言うと、チェ・イルファンは「あの日ヨンジュを見たと言ってた人がいるって言ってたね」と意味深な言葉を残した。

そしてヨンジュがカン・ユテク(キム・ホンパ) を殺した容疑者に疑われ警察に追われた。

イルファンはチェ・スヨン(パク・セヨン) に「ジョンイルによって父を失った娘が、復讐のためにその父を殺した。誰でも信じるわね」と笑った。