岩崎家の家訓は今も三菱グループに受け継がれている

写真拡大

〈相場より安いものが持ち込まれても、出所がわからないものは盗品と心得よ〉──三大財閥の中で創業(1590年)が最も古い住友家の初代、住友政友が晩年、商人の心得を書き残した5か条の家訓の一つを現代文に直したものだ。政友の僧名から「文殊院旨意書」と呼ばれる。

 住友グループ企業の社長に就任すると、住友家現当主の17代目住友吉左衞門芳夫氏からこの文殊院旨意書を受け取り、正式にグループの社長会「白水会」のメンバーとなるという。

 そして当主から春には京都の住友家旧別邸「有芳園」で開かれる祠堂祭、秋は東京のホテルで行なわれる御招宴に招かれ、毎年少なくとも2回、白水会メンバーやOBの住友グループ元社長、会長、相談役らが当主を囲んでいる。当主は今もグループ内で「家長さん」と呼ばれ、敬われている。

 戦後、GHQの財閥解体によって財閥企業は創業家と切り離されたが、その後、70年経っても創業の精神はグループ企業にしっかり受け継がれ、創業家は「精神的支柱」として君臨しているのだ。

「白水会の特徴は住友グループ17社の社長がすべて対等で、議事は全会一致が原則ということです」(住友グループ関係者)

 住友だけではない。「人の三井」といわれる三井グループには家祖・三井高利が遺書として残した家訓「宗寿様元禄之御遺言」がある。

〈単木は折れやすく、材木は折れ難し。お前たちは互いに協力して家運の強固を図れ〉
〈各家の営業より生じる総収入は、一定の積立金を引去りたる後、始めてこれを各家に分配すべし〉

 など、三井各家の結束と事業の継続を説いたものだ。

 三井グループの社長会「二木会」ではこの家訓が経営理念として共有されている。経団連会長の榊原定征・東レ相談役も二木会出身である。

 三菱グループ企業の社長でつくる「金曜会」も結束は強く、創業家の4代目社長・岩崎小弥太が掲げた経営理念「三綱領」が今も息づいている。

「所期奉公」(国への貢献)
「処事光明」(取引は公明正大)
「立業貿易」(事業は世界に目を向ける)

 その中でも三菱を特徴づけているのが「所期奉公」だろう。小弥太自身がその意味するところをこう語っている。

「事業の究極の目的は国のためにするということであって、その目的達成のためにベストをつくすことがわれわれの理想でなくてはならない」

 三菱は戦前から現在まで日本の防衛産業を担い、原発や宇宙開発などの国家プロジェクトの中核となってきた。それはまさに国への貢献を企業の使命と位置づけるからこそだろう。その理念は経営トップだけではなく、新入社員の段階から浸透していく。

「うちは戦車やミサイルもつくっています。それでもよろしいですか」

 三菱重工や三菱電機の入社面接では最後にそう尋ねられることがあるという。そうした面接をくぐり抜けた新入社員はどんな部署に配属されても、「国への貢献」という綱領の重要性を自覚させられているわけである。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号