現代自動車の本社(右)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が26日発表した1〜3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は1兆2508億ウォン(約1240億円)で前年同期比6.8%減少した。売上高は同4.5%増の23兆3660億ウォン、当期純利益は20.5%減の1兆4057億ウォン。営業利益率は5.4%と、前年同期比0.6ポイント下落した。売上高は増加したものの、収益性がかなり悪化した。

 同社は業績について「新車の量産に向けた一部工場の操業中断で固定費の負担が増し、世界的な低成長基調を乗り越えるためのマーケティング費用が膨らみ収益性がやや落ちた。新興市場の需要回復が遅れ、中国での販売も減少した」と説明した。
 ただ、昨年10〜12月期と比べると営業利益は22.5%、当期純利益は31.5%、それぞれ増加した。同社は昨年7〜9月期、10〜12月期と続けて過去最低水準の業績を記録していた。
 今年1〜3月期の世界販売台数は108万9600台で前年同期に比べ1.6%減少した。韓国国内の販売は新車効果などで0.7%増の16万1657台となった一方、海外では2.0%減の92万7943台にとどまった。米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対する中国が報復措置を取ったあおりで、同国での販売が前年同期比14.4%の大幅減を記録したため。一方、中国以外の国・地域では総じて善戦し、特にスポーツタイプ多目的車(SUV)の発売効果によりロシアやブラジルなどで販売が大きく伸びたという。
tnak51@yna.co.kr