イ・ジョンジェ&ヨ・ジング主演映画「代立軍」メインポスター&予告編を公開…“強烈なオーラ”

写真拡大

イ・ジョンジェとヨ・ジング主演の時代劇「代立軍」が、メインポスターとメイン予告編を公開した。

「代立軍」は1592年の壬辰倭乱(文禄の役の朝鮮側からの呼称) 当時、播遷(王が都城を離れて避難すること) した王・宣祖(ソンジョ) に代わって臨時朝鮮分朝を率いることになった世子(王の跡継ぎ) 光海(クァンへ) と、生存のために他人の軍役を代わりに行った代立軍が残酷な戦争に対抗して運命を共に分かち合う物語を描いた作品だ。

メインポスターは、イ・ジョンジェとヨ・ジングの強烈で圧倒的なオーラが目をひく。「四方が絶壁の世の中、誰が誰に代われるか?」というキャッチコピーは、ひたすら生きるために、他人に代わって必死に戦わなければならなかった代立軍と壬辰倭乱の勃発後、父親・ 宣祖の播遷により朝鮮に代わりに残された王・光海、この2人の人物の人生を代弁しており、好奇心を倍増させる。

本人の命より同僚の命を大切にする代立軍のリーダー・トウ役のイ・ジョンジェ、父親に代わって朝鮮を守らなければならなかった王・光海役のヨ・ジングの2人が、自身の生存のための人生から他人の人生、民のために対立する姿まで、ポスター1枚で表現されている。

イ・ジョンジェは、「今の時代に必ず必要な映画、希望を語っている映画だ。必ず出なければならないと考えた」と話し、役に対する無限の愛情を表した。

ヨ・ジングは、「今まで披露された光海とはまた異なる姿を見せることができるだろう」と伝え、期待感を高めた。代立軍の名射手で活躍したキム・ムヨルは、「不思議でおもしろい経験だった」と伝え、完璧な変身を試みた姿に自信を表した。

強力なメッセージ、強烈なビジュアルで武装した「代立軍」は、韓国で5月31日に公開される。