4月26日、アウディのコンパクトSUV「Q2」が発表されました(発売開始は6月中旬から)。アウディQ3の弟分であるQ2は、アウディのユーザーの中でも最も若い層を狙ったモデル。アウディはプレミアムブランドの中でもオーナーの年齢層は比較的若いそうですが、それでも40代、50代が中心だそうです。

そこで、新型アウディQ2の価格を299万円〜という戦略的な価格帯とすることで30代、40代を中心とした新しいアウディのファンを獲得するのが狙いとしています。

全長4200×全幅1795×全高1530mmというサイズは、機械式立体駐車場への入庫も可能と、日本の狭い都市環境下でも優れた機動性を発揮する一方で、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティを確保したとしています。

デザインも従来のアウディQシリーズよりも斬新で、新しいデザイン要素である「ポリゴン(多角形)」をフロントグリルなど随所に採り入れることで個性を主張。

同クラスのライバルよりも200kgも軽くしたと謳う、軽量ボディと力強いTFSIエンジンによるシャープでスポーティな走り、最新のアシスタンスシステムやコネクト機能の搭載も特徴で、今後のアウディにおいて販売面での中核を担うコンパクトSUVになっています。

エンジンは、1.0L直列3気筒DOHCターボ、1.4Lの直列4気筒DOHCターボを用意し、7速Sトロニックとの組み合わせ。駆動方式は全車FFのみです。

価格は、「Audi Q2 1.0 TFSI」が2,990,000円、「Audi Q2 1.0 TFSI sport」が3,640,000円、「Audi Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sport」が4,050,000円です。

(文/写真 塚田勝弘)

コンパクトSUVのアウディQ2が299万円〜というインパクトある価格で登場(http://clicccar.com/2017/04/26/467436/)