南条あやとは誰か?

写真拡大

南条あやというネットアイドルがいました。彼女は、1999年3月30日に、18歳で亡くなります。

どのように知られたのか?

彼女は中学入学後から、いじめに悩み、リストカットをはじめます。さらに、注射器を入手して、たびたび血を抜き出します。そうした行為を繰り返したため、心臓の弁に穴があくほど体が弱っていました。彼女はそうした日々をインターネット上に記しており、同じような悩みを持つ人々の共感を呼びました。

なぜ人気があったのか

彼女の人気は、若い女子高生であり注目された点もありますが、なによりも文才に注目されました。自分の悲惨な境遇を、どこか戯画化して描く技術に長けていたといえます。「別冊宝島」や「GON!」といった雑誌でも原稿を書いていたことからもわかるとおり、彼女が生きていたならば、さらに文章の仕事で活躍していたかもしれません。彼女の死後、「卒業式まで死にません:女子高生南条あやの日記」(新潮文庫)が刊行され、現在も熱心なファンによって読み継がれています。