宇宙から宇宙飛行士が4K生配信

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、初の宇宙空間からの4Kライブストリームを日本時間の4月27日午前2時30分から配信する。

 

今回の配信は、アメリカで開催されるメディア関連の展示会「NAB Show」と「Amazon Web Services」の協賛で実施される。配信元は、地球から250マイル(約402km)離れた宇宙空間を飛行し続ける国際宇宙ステーションからで、宇宙飛行士のPeggy Whitson(ペギー・ウィットソン)がナビゲーターとして登場する。

 

本企画は、NASAとハリウッドによる「Reaching for the Stars」というパネルディスカッションの一環として行われるもので、超高精細の映像を通した宇宙空間から、イメージング技術やクラウド技術が科学的研究や映画制作を、いかに次の段階に押し上げているかが語られる。

 

本配信を降るエフェクトで視聴するには4K UHDコンテンツを視聴できるデバイスが必要だが、NASAのFacebookページなどで低解像度の配信を視聴することもできる。

 

特設サイト

URL:https://live.awsevents.com/nasa4k

 

NASA公式(Facebook)

URL:https://www.facebook.com/NASA/?fref=ts

2017/04/26