「グリーンジョブ」が多い米国の州トップ10

写真拡大

環境関連の仕事が米国の労働人口の中で占める割合はごく一部だが、この分野でキャリアを築きたいと思う人や求職者からの注目度は高い。

求人情報サイト大手「インディード(Indeed)」は、2016年に「グリーンジョブ」の求人情報が掲載された数が多かった米国の州のランキングを作成した。

報告書をまとめたタラ・シンクレア上級経済研究員によると、同社は「グリーン」な仕事の定義を比較的狭義に捉え、水処理専門家や環境科学者など「天然資源の保護が焦点にならなければ存在しなかった仕事」を対象とした。該当する職業の求人数は昨年、20万件を超えた。

グリーンジョブの求人が最も多かった10州・地域は以下の通り。

1位 バーモント
2位 アラスカ
3位 ウィスコンシン
4位 ケンタッキー
5位 ノースダコタ
6位 コロンビア特別区(首都ワシントン)
7位 モンタナ
8位 ワイオミング
9位 カリフォルニア
10位 ニュージャージー

トップ3のバーモント、アラスカ、ウィスコンシンはいずれも、美しい自然に恵まれていたり、エネルギー資源などが豊富だったりする州だ。このような要素により、環境専門家の需要は高まる。「グリーンジョブが多い場所はエネルギー関連の仕事が多いという状況はよく見られる。エネルギー(産業)には多くの浄化処理が付随する」とシンクレアは説明している。

首都のワシントンでは、政府機関での環境関連の仕事の需要が大きい。「環境関連の法律や規制、規制の施行と順守に関わる機会が多くあるので、コロンビア特別区にはこうした仕事が多い」(シンクレア)という。

インディードの調査では、求職者が他の仕事よりもグリーンジョブに関心を持つ傾向があるという興味深い結果も示された。グリーンジョブはユーザーにクリックされる頻度が他の1.7倍にも上り、この傾向は全州で共通していたという。

その理由を正確に特定することは難しいが、米労働統計局の2015年の統計によると、インディードに掲載されたグリーンジョブの賃金は一般的賃金の中央値よりも高いことが多く、給与面で魅力的だ。

またシンクレアは、グリーンジョブの社会的価値も人気に寄与している可能性があると指摘している。「私たちは別の調査で、求職者が魅力的と感じる仕事の要素を尋ねたことがある。典型的なグリーンジョブはそうした要素を多く含んでいる。仕事が持つミッション(使命)は極めて重要だ」

また、環境産業が成長分野であることも人気要因の一つだという。労働統計局は、環境に焦点を当てた仕事の需要は今後数年で増大すると見込んでいる。

一方で、環境産業があまり栄えていない州もある。昨年にグリーンジョブの求人が最も少なかった10州は以下の通り。

42位 ジョージア
43位 ミズーリ
44位 イリノイ
45位 カンザス
46位 ユタ
47位 アラバマ
48位 インディアナ
49位 アーカンソー
50位 ウェストバージニア
51位 ミシシッピ