不適切なサジェストを報告できる

Googleは26日、「フェイクニュース(偽ニュース)」への対応策としてユーザーからの報告を受け付けることと、新しいアルゴリズムによる検索ランキングの導入を発表した。

 

アメリカ大統領選挙での虚偽ニュースの拡散により、多くの批判にさらされたGoogle。その対策として、先日、信頼できる機関によって記事の「ファクトチェック」が行われる新機能を搭載。今回、さらにニュース・記事への信頼性が高まる施策を実行する。

 

ユーザーからの報告は、ネットではサジェストと呼ばれているオートコンプリート機能に導入。検索ワードを入力すると、そのワードの関連ワードとして、多くのユーザーが検索している言葉が候補としてあがるが、予期しない結果や、不正確または不快な内容が表示されることがあり、それに対してユーザー側からフィードバックを返せるようになる。

 

また、検索ランキングについては、攻撃的な内容や明らかに誤解を招く情報、低品質な記事が表示されていることがあり、それらの記事の表示順位を下げることになった。これにより、2016年12月に話題になった「ホロコースト否定」のような、不正確な記事が検索結果の上位に表示されにくくなる。

 

ほかにも、検索表示についてのコンテンツポリシーの見直しが行われ、改善の必要な部分について修正をしている。

発表資料

URL:https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/04/our-latest-quality-improvements-search.html

2017/04/26