【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は26日、2年以上にわたる内戦で深刻な食糧不足に陥っているイエメンに対し、今年400万ドル(約4億5000万円)を支援する計画だと明らかにした。国連が25日にスイスのジュネーブで開いたイエメンへの支援を話し合う閣僚級会合に出席し、こうした支援計画を発表した。
 政権側とイスラム教シーア派系武装組織による戦闘が続くイエメンでは、人口の3分の2に当たる約1880万人に支援が必要で、世帯の65%が食糧不足に苦しんでいるとされる。
tnak51@yna.co.kr