アウディのハイエンド4ドアサルーン「A8」次期型が、夕暮れの欧州市街地に姿を見せました。

ヘッドライトとテールライトの僅かなテーピングを除き、ほぼフルヌード状態で、リアウィンドウが現行モデルより傾斜を持ち、後方へ伸びているのが確認出来ます。

プラットフォームはSUV「Q7」から流用される「MLB evo」を採用し、スチール、アルミニム、マグネシウム、カーボンファイバーの4種の素材で作られる次世代軽量ボディシェルを手にします。

しかし、これは現行モデルより軽量になることを意味するものではないようです。次期型では現行のアルミボディより110ポンド(約50kg)重くなる代わりに剛性が24%も高くなり、アウディ史上最強のボディとなります。

これはアウディを含め軽量化を目指す世界の最新モデルの中では、異例の進化言えます。

期待される自動運転も万全です。「トラフィックジャム・アシスト」最新世代バージョンの搭載が確実視されています。

パワートレインは、460psを発揮する4リットルV型8気筒ガソリン、565psを発揮する6.3リットルW12型ガソリン、272psを発揮する3リットルV型6気筒TDIエンジン、そしてPHEVモデルが投入されます。

待望のワールドプレミアは、7月11日、スペイン・バルセロナで開催される「アウディサミット」です。

(APOLLO)

アウディ史上最強剛性ボディだ!夕暮れ時に「A8」フルヌード現る!(http://clicccar.com/2017/04/26/466756/)