元夫ニック・キャノンとディナーを楽しんだマライア・キャリー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

日系人ダンサーのブライアン・タナカと破局したばかりのマライア・キャリーが、元夫ニック・キャノンと2夜連続でディナーデートしている姿を撮影されている。

【写真を見る】元夫ニック・キャノンと関係良好なマライア・キャリー/写真:SPLASH/アフロ

2人は2014年に破局しているが、モンローとモロッカンという5歳になる双子を協力し合って養育するためにいい関係を続けており、2人の仲の良さがブライアンとマライアの破局原因になったとも報道されていた。

マライアとニックは4月20日の夜、2人の子供たちを交えて家族4人でビバリーヒルズで食事している姿を目撃されており、翌21日の夜には、今度はマライアとニックが2人だけで車でディナーに出かけている姿を撮影されている。

ニックは離婚後も常にインタビューでマライアを賞賛し、自分はいつまでも彼女を愛し続けると語っていた。今月初めにもEntertainment Tonightのインタビューで「彼女はいつだって僕にとっては夢の女性。僕たちは毎日電話で喋っている」とマライアとの親密さを認めながらも、「復縁しようとして、現在の僕たちのいい関係を台無しにしたくはない」と復縁の可能性を否定していた。

しかし、2人の復縁説は徐々に信憑性を増している。4月21日の夜には、マライアはニックや子供たちと4人でベッドに寝転がっている写真をインスタグラムに投稿。これはマライアとニックのディナーデートの写真が撮影された日でもある。

レストランから出て来た2人にパパラッチが「あなたたちは公式に復縁したのですか?」と叫ぶと、ニックが「僕たちはいつだって公式だよ」と答えたとGossip Copが伝えている。【UK在住/MIKAKO】