キム・ヒョナ、リアリティ番組で「露出」に対する本音明かす

写真拡大

寡婦のキム・ヒョナが露出に対する自身の立場を明かした。

韓国で26日に放送される「Triple H興信所」では人々の視線に対するキム・ヒョナの率直な本音が公開される。

キム・ヒョナは「露出に関する話はこれからも私についてくるだろうし、私が甘んじるべき部分だ。私は名分のない露出は好きではない。ドラマや映画では名分の露出があるが、ステージに立ったときはそれが名分として表現されない」と残念な気持ちを伝えた。

また“キム・ヒョナが着たときは、よりいやらしいだろう”というレッテルについては「私が自分の色が強い人になったという思いから、自分自身にお疲れ様と話してあげたい。このような部分はステージパフォーマンスで補完していく計画だ」と明かした。

これからも健康的なボディラインと元気な雰囲気をたくさん見せたいという、キム・ヒョナの語る露出の意味は、韓国でK STARとCUBE TVで水木の夜8時、同時放送で確認することが出来る。