ワンマンライブでファンにこれからの活躍を誓った阪本奨悟

 シンガーソングライターの阪本奨悟が9日、東京・原宿ASTRO HALLで、ワンマンライブ『Predawn 〜君の鼻声と僕のしょっぱい涙〜』を開催した。阪本は過去に、舞台『ミュージカル テニスの王子様』(2007年―09年)で主人公の4代目・越前リョーマ役を演じ、一躍人気に。シンガーソングライターに転身後、地道にライブを重ね、今年5月31日発売予定の両A面シングル「鼻声/しょっぱい涙」でメジャーデビューする。今回のワンマンでは、デビューシングルの楽曲も披露。阪本は「順風満帆だった俳優活動」と「これから」が接続された、印象深い夜を演出、その模様を以下に伝える。

マイナスから始まったからこそ

ワンマンライブを成功させた阪本奨悟

 フロアは開演前から、スタートを今か今かと待つファンで一杯だ。そのなかで、バンドメンバーがステージに現れると、温かい拍手が起きて、暗転。ファンの手拍子に続いて、阪本が入場する。阪本はアコースティックギターを肩から掛けると、まずは打ち込みのビートに合わせて、ブルージーなギター演奏を披露した。

 本日の1曲目は「Please me!!」。爽やかな曲調を、元気に歌い上げる。続いて「やっちゃいますか? やっちゃっていいですか?」と煽って、今回の目玉曲のひとつ「しょっぱい涙」へ。言葉数多めのAメロから、4つ打ちのリズムによるサビへ展開していく。阪本がフロアにクラップを求める場面もあった。

 「改めまして、『Predawn 〜君の鼻声と僕のしょっぱい涙〜』へようこそ! いやあ、満員ですね。凄く嬉しいです。ありがとうございます。皆で楽しい思い出をつくっていきたいと思います。感謝を存分に届けていきたいです」と軽くMCして、3曲目の「You Can Shine」を演奏。ロックな楽曲に、励ますようなリリックを乗せて歌う。さらに坂本は、レトロな日本のポップスを想起させる、「I Never Worry 〜虹の向こうへ〜」を繋げた。

 5曲目「オセロ」は、ギター2本が絡み合うイントロからスタート。サビの裏声と地声のコントロールが見事だった。続いて、力強い弾き語りから、阪本自身も思い入れがあるという「Fly」へ。強度あるメロディが印象的で、繰り返される度に吸引力を増す様に感じられた。最後は美しいギターソロで締める。

 ここでバックバンドが退場。ここからは阪本の弾き語りコーナー。まずは、以前のライブでファンからリクエスト2位だったという「NEVER」が、ルーパー(演奏をリアルタイムで録音して重ねていく装置)を使ってパフォーマンス。「役者を一端辞めた時は、どん底だったような気がします。マイナスから始まったからこそ、回りの人に感謝できた時間だったと思います」と過去を振り返った。

 さらに再度ルーパーを使い、ギターのフレーズを重ねてから弾き始めたのは「Treasure」。2年ぶりの演奏だという。シンプルな演奏だからこそ、阪本の歌が活きる。さらに後半では、自身のコーラスや、ギターのオクターブ奏法なども重ねてドラマティックに展開していった。

後悔を財産に変えたくて

バンドと演奏をする阪本奨悟

 バンドが合流してから、フォーキーなギターが特徴のミディアムバラード「ながれ」へ。フロアは波打つのを止めて、演奏に聴き入っている様子だった。そこから阪本は、「ラストスパート飛ばしていけますか?」と前置きして、本日のバックバンドを紹介する。そのまま楽曲「HeyHeyLaLa」へ。突っ込んだリズムのサビが、オーディエンスを心地良い気分へとさせた。

 ライブは終盤戦に突入。阪本はギターを下ろし、スタンドからマイクを引き抜いた。続く楽曲は「ハルカゼ」。身軽になった彼に合わせて、手を左右に振るオーディエンス。その後継に、思わず阪本も「めっちゃきれい」と叫んだ。爽やかで、体を揺らしたくなるポップなこの曲に、サポートギター・坂本遥のソロもキレ良く決まっていた。さらに「ネガイヲコメテ」を繋いで畳み掛ける。会場全体がさらにひとつになっていく波動を感じた。

 阪本は再度過去を振り返るMCを挟んだ。「大阪で始めた頃は怖かったんですよ。実際、大阪駅でアンプを転がしてみると、ギターの音は出るんですけど。路上で歌うのは怖い。あの頃を思い出すと、後悔もあります。でも、その後悔を財産に変えたくてやっているところもあって。これから新しいスタートを頂きました」とメジャーデビューに至るまでの、想いをスタッフや家族への感謝を交えながら届ける。

 そこから迎えた、セットリスト最後は、もうひとつのデビュー曲である「鼻声」。切ないイントロから、サビの裏声というコンビネーションにオーディエンスの心をキュンとさせた。心の底から楽しんでいる様子のフロアも印象的だった。「本当に今日は最後までありがとうございました。阪本でした」と言い残して、阪本は退場。

 その後、アンコールが起きて、阪本は再登場した。阪本はまず「しょっぱい涙」を、ルーパーを使って1人で披露。先程とはまた表情が変わって、同じ楽曲ながら、もう一度楽しむ事ができる演出だった。最後はバンドも加わり、3拍子系の「アスファルトに咲く花」を演奏。明るい雰囲気でこの夜は終演を迎えた。

 その後、阪本は「感謝しかないです。これからもっとたくさん良い歌を書きますので、僕についてきてください。また会いましょう!」と力強くファンに呼びかけた。

(取材=小池直也)

セットリスト

1Please me!!
2しょっぱい涙
3You Can Shine
4I Never Worry〜虹の向こうへ〜
5オセロ
6Fly
7NEVER(Acoustic ver.)
8Treasure(Acoustic ver.)
9ながれ
10HeyHeyLaLa
11ハルカゼ
12ネガイヲコメテ
13鼻声

アンコール
1しょっぱい涙(Acoustic ver.)
2アスファルトに咲く花

バンドと演奏をする阪本奨悟 阪本奨悟 弾き語る阪本奨悟 ギターを演奏する阪本奨悟 阪本奨悟
阪本奨悟 ワンマンライブを成功させた阪本奨悟 歌い上げる阪本奨悟