Flower(写真=下屋敷和文)

写真拡大

 Flowerが4月26日にリリースする14thシングル『MOON JELLYFISH』を巡るインタビューの後編。今回はメンバー全員に加え、グループを初期からサポートするソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズの平井拓氏も参加し、前編ではグループのコンセプトやメンバーたちのクリエイティビティがどう養われているかといった表現論について訊いた。後編では、最新作『MOON JELLYFISH』について、作品のテーマや振り付け制作のポイント、MV制作の裏側やこれからのFlowerについて話が展開した。(編集部)

「新しい自分らしさの突き詰め方だと感じた」(鷲尾伶菜)

ーー最新作『MOON JELLYFISH』は、どういったコンセプトを軸にして制作がスタートしたのでしょうか。

平井拓(以下、平井):まずは「ジェリーフィッシュ」というキーワードがあって、そこからイメージを膨らませるように作っていきました。楽曲自体は割と春らしく、夏へ向かっていく季節にマッチするような曲調ですね。恋愛が始まって、高まってるからこその幸せや不安な気持ちが表現されてるように思います。最近の楽曲では「他の誰かより悲しい恋をしただけ」や「モノクロ」のように、影や強さの目立つ女性像が描かれていたと思うんですが、今回の表題曲では、メンバーと等身大のパステルカラーな恋愛感が映し出されている。多面体であるFlowerの新たな一面が見せられる曲に仕上がっています。

ーー前作の「モノクロ」「カラフル」は、両A面楽曲で対のコンセプトを描いていましたが、共に歌詞は前向きな印象がありました。今回は楽曲こそ明るいものの、作品を通して失恋のテイストが多いシングルになっているかと思うのですが。

鷲尾伶菜(以下、鷲尾):メロディが決まる前、Flowerと作詞家の小竹正人さんやHIROさんと次の曲について打ち合わせをさせて頂いた時に「海月がいいんじゃないか」と話が出たんです。楽しみに曲と歌詞が上がってくるのを待っていたら、恋愛と海月のゆらゆら揺れてる感じがマッチしていたり、男性を海月に例えてみたりと表現の仕方がすごくオシャレで。メロディはすごく明るくてキラキラしているのですが、ところどころ<君の見てる真実が分からない>というFlowerらしい世界観も入っていて、新しい自分らしさの突き詰め方だと感じました。

坂東希(以下、坂東):楽曲については、スタッフさんにデモを10曲ぐらい選曲していただいて、その上でメンバー全員が意見を出しながら決めていきました。トラックがキラキラしているからこそ、苦しかったり聴いていて切なくなるような感覚もあって、すごく好きな曲です。

ーーシングルの表題曲でいうと、ここまで爽やかなのは「Blue Sky Blue」ぶりかもしれないですね。楽曲面においては、コンセプト段階からもかなり話しあったということですが、平井さんとしては具体的にどう彩りを加えていったのでしょうか。

平井:ボーカルに関しては、曲と歌詞が上がったあとに小竹さんと鷲尾さんとマネージャーさんと僕で譜割りを確認するために歌い合わせをするんです。その時に鼻歌で右隣から鷲尾さんが譜割りを合わせるために歌っていたのですが、すでにある程度楽曲に沿った表現方法で歌っていたのでこの段階で「これはすごくいい曲になる」と確信して、あとはそこから脱線しないよう、丁寧に道を作っていきました。楽曲は恋した時の痛かったり痒かったりする気持ちをキラキラした言葉を以って描き出すタイプのものだったこともあり、今回表現するのは、Flowerという多面体にカットされたダイヤモンドのあまり見せない輝きのひとつなのかな、と思いました。リスナーが、過去の恋愛を思い出したときにふと流れ出すメロディに仕上がっていたら嬉しいです。海月に刺された傷って致命傷にはならないけど、痛痒くて何をしていても気になっちゃうような痛みじゃないですか。そういう恋愛をしている人のバックグラウンドミュージックで流れてくるようなものになってほしいです。

ーー海月に刺された傷ですか。なるほど面白い例えですね。

メンバー全員:拓さんさすがです(笑)!(このあとしばらくメンバーによる賞賛の声が続く)

ーー(笑)。ちなみに前編では、平井さんから「歌声の部分は鷲尾さんが担保して、パフォーマーは視覚で歌う」という言葉が出てきましたよね。これはFlowerを言い当てる素晴らしい表現だと思うのですが、各メンバーは今回の楽曲でその点をどう表現したのかを、自分が担当した振り付けパートと合わせて教えてください。

中島美央(以下、中島):初めてメロディを聴いた時は、Flowerにとってすごく新しいテイストの曲調なのかもと思ったんですけど、そこに歌詞が嵌まったものを改めて聴くと、Flowerがこれまで築いてきた世界観を崩さずに作り上げられていて、「小竹さん、流石だな……」と。振り付けを自分たちで作り上げていく中でも、その感覚はヒントになっていて。どうやって今のFlowerに新しい要素を取り入れつつ、世界観を壊さずに表現するかを考えました。この曲に関しては、久々に全員で振り付けを作ったのですが、かなり時間をかけて相談して、最終的には一人ひとりが考える「MOON JELLYFISH」を表現できたと思います。私は1Bを担当したのですが、結果的には一周回って、海月の揺れ動く美しい動きを意識しながら、Flowerの一体感をなるべく出せるように心がけました。

坂東:さっき拓さんが言ってくださったように、この曲は聴けば聴くほど苦しくなるんですよね。曲が明るいからこそキラキラ眩しすぎて直視できないタイプの切なさというか。それはFlowerらしい世界観だと思うんですよ。私は2Aを担当したんですが、そのポイントを掘り下げて、表と裏みたいなものを自分の中で解釈してパフォーマンスするのが楽しかったです。

佐藤晴美(以下、佐藤):私は初めてコンセプトを聞いた時、「海月ってどういう風に動くんだろう?」と疑問に思ったので、実際に水族館へ見に行ったんです。何を考えてるか分からないけどあっちこっちへ動いたり、急に2匹がくっついたり離れたりしてすごく不思議な動きで、ダンスにも生かせるんじゃないかなと思いました。私が担当した振り付け部分では2匹がくっついた時のようなニュアンスで、全員が一緒の動きをするシンクロ感を意識しました。さっき美央さんが「Flowerの全体感を見せる」と言ってくれましたが、確かに私も全体感が見えるように自然と踊ってましたね。

重留真波(以下、重留):MVに関しては色んなシーンが多くて、セットも3パターンぐらいありました。水槽を使ったセットに関しても、最初は明るめのセッティングで撮ったけど、監督さんと話して暗めに変えて撮ったらすごく綺麗に映るという発見もできたんです。振り付けは1番のAメロを担当しました。頭で振りを色々組み合わせて作るのが私のやり方なんですが、歌詞で<追えば離れるのに 離れたら追ってくる>という部分があって、そこでは駆け引きのように見える動きを入れています。いつもはMV用の振り付けと、番組やライブで踊るパフォーマンスを少し変えたりしているんですが、今回は一人ひとりの歌詞や自分のパートに込めた思いがハッキリしていたので、MVでもテレビでも同じように作った部分を生かしたいよねと話し合って、実際にあまり変えないような振り付けにしました。

藤井萩花(以下、藤井):自分たちで振り付けをするにあたって、以前はやっぱり全体のバランスを考えていたのですが、今回は自分の振り付けするパートにとりあえず全力を注いで、それを集約して一つの作品にしたという感覚です。最終的には、どんな曲調であれ、Flowerの曲には必ず孤独があるなと感じて、「幸せだけど悲しい」みたいな表現にしようと思いました。私はサビの振り付けを担当したのですが、歌詞については<読み取れない眼差し>のように想像しやすい、画が浮かびやすい表現がすごく多かったぶん、どうしてもキャッチーすぎる振りになってしまい、バランスをとるのに苦労しましたね。Flowerの曲って移動が結構多いのですが、今回は疾走感や躍動感をつける意味合いもあって、特に多いかもしれません。

「メンバーの個性や表現者としての心構えの礎になる作品に」(平井拓)

ーーなるほど。鷲尾さんはこの曲を歌う上で、どんな部分を重要視しましたか?

鷲尾:今回の曲は、表面的な明るさと奥に潜む暗さというか、聴く人によって一人ひとりの解釈が幅広いものになっていると思います。キラキラしたメロディに、Flowerらしい少し寂しさの出る歌詞が入っているので、そこをどう表現するかを考えました。さっき拓さんが言ってくださった歌合わせよりも前に、ひとりでいつも聴き込んで自分の中へ歌を落とし込むのですが、この曲はサビ部分の音数がすごく多いけど、音と歌詞がマッチしているので歌いやすいですよ。一番マッチしていると思った部分は、Dメロの<流されないからしっかり抱きしめていて>というところです。今まで通り普通に歌っていると流れて聴こえるというか、引っ掛かりがないような気がしたので、歌い方には気をつけました。私は歌において「飽きさせてはいけない」というのをテーマにしていて、今までと違うメロディがくるDメロは特にインパクトのあるパートなので、Dメロにこだわることが多いです。

佐藤:伶菜さんが挙げた<流されないから〜>という部分は、私も自分の中で一番盛り上がるポイントです。振り付けも流されないように相手を引き止め合うとか、そういうのを表現できたらと思って、伶菜さんに話したりもしました。

ーーお互いのパフォーマンスが良い方向に影響しあっているということですね。先ほど平場とミュージックビデオの振り付けをあまり変えないようにしたという話もありましたが、その意識も『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』を経てのものという気がします。

藤井:前編でお話ししたように、見ている人によって捉え方は違うんだとツアーを通してますます感じるようになって、分かりやすいものよりももっとFlowerらしいものを追求した結果、どんな状況でも自分たちらしく見えるものを提示できるように向かっているんだと思います。だからこそ、それぞれの考え方が混ざって代わりの効かない表現になっているというか。

重留:あと、『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』を経てという意味では、「MOON JELLYFISH」でみんなの創作スピードが上がっていることに驚きました。今までは5時間確保しても、途中でどこか集中力が切れてしまっていたのが、気がついたら何時間も経っていて、やるべきこともしっかり達成できていたり、その他の時間で「ここをこうした方がいいんじゃない?」という意見交換をして、試してみることもできるようになりました。そういう意味ではこの曲が後から振り返った時に、ターニングポイントになっている気がします。

ーー方向性をしっかりと定めなおしたことで、グループとしてもう1段上のステージへ進んだということなんでしょうね。平井さんに伺いたいのですが、この楽曲をこのタイミングで出すというのは、Flowerにとってどういう意味合いが生まれると思いますか?

平井:さっき重留さんが「振り返ったときにターニングポイントになるかも」と言っていたのですが、この段階では特別なことというより、積み重ねの一つなんだと思います。振り返ったときに、だんだんとクレッシェンドしていくメンバーの個性や表現者としての心構えの礎になる作品かもしれません。スタッフとして、アーティストが急に前作より5段階伸びるというのはあまり見たことがないですし、着実に積み重ねて進化していく人のほうが、しっかりと道を作っていけると思うので。

「『バラードで踊るガールズグループ』というカテゴリーを確立させていきたい」(重留真波)

ーー前編でも話してもらったように、色んなものを各メンバーがこれまでよりも積極的にインプットする時期で、何年後にどうアウトプットできるかのベースになる大事な局面なんですね。それを踏まえて、2017年以降のFlowerは何を発信していきたいかを最後に教えてください。

中島:「Flower=バラード曲」というイメージが強かった中で、前作「モノクロ」では新しいFlowerが出せたような気がしています。その次に出す楽曲もHIROさんを筆頭にどうアプローチするか色々考えさせて頂いていたので、それを踏まえて今回「MOON JELLYFISH」のような曲をリリースできることになりました。だからこのあとも殻を破って、どんどん新しいFlower像を出していかなきゃいけない、出していい時期になったのかなと感じています。その世界観をまず最初に作ってくれるのは小竹さんの歌詞と伶菜の歌声だと思ってるので、そこに置いていかれないように自分を高めていきたいです。

坂東:今のLDHは世界展開へ向かって環境も変化しつつあるところなんです。色んな方がLDHのアーティストに関わって、協力してくださる環境もどんどんできていて、歌や踊りを届ける以外の新しいエンタテインメントも続々と生まれている。そんななかで、Flowerはこれまで作り上げた世界観をさらに掘り下げて、もっと色濃いものを提示していけたらと思います。

藤井:さっき美央が言ってくれた「Flower=バラード」というのは、これまで支えてくれた方には知られていますが、「誰もが知っている」という段階ではないと思うんです。色んなアーティストや表現者の方を見ていても、徹底的に突き詰めないと残らないものがあるというか。『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』でやっていたことをさらに突き詰めるとしたら、もはや盛り上がるライブじゃなくても良いのではないかとすら思えますし、むしろライブという括りにすることが違うのかもしれないとすら考えていて。そういう風にFlowerでトライすることを、何かの基準とは違ったフォーマットで届ける機会を増やしていきたいです。LDHの海外展開については、機会があれば日本らしさとFlowerらしさを融合させたものが発信できると面白いのかもしれません。

鷲尾: LDHが新体制になって、より様々なチャンスが増えると思うので、今までに見たことがない自分たちならではの表現に挑戦していきたいです。もちろん、その中でも色んなものに対して何かを感じる気持ちは大切にしなければいけないので、リリースする度に頂く楽曲でも、もっと自分たちがインプットしたものや感じたことを歌とダンスで表すことのできるグループを目指していきます。

佐藤:Flowerの世界観やイメージをもっと深く根付かせた先にようやく「Flowerっぽい」で伝わる表現になったり、今まで味わったことがないような感情を抱いてもらえるパフォーマンスができるようになるんだと思います。パフォーマーとしては、その世界観を一言じゃ表せない不思議なものとして提示しつつ、核となるメッセージは伝わるような見せ方を追求していきたいですね。

重留:パフォーマンスや楽曲ももちろんですが、やっぱり自分たちはグループなので。どれだけ自分が全力でパフォーマンスしていても、全体の動きや印象でそれが良いものにも悪いものにもなるので、グループの色をまずは好きになってもらって、楽曲もパフォーマンスも全ての面で愛されるグループにならなければいけないと思います。『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』ではグループの空気感を味わってもらえたはずなのですが、今後は楽曲一つひとつでもその雰囲気が伝わればいいと思いますし、最終的には「バラードで踊るガールズグループ」というひとつのカテゴリーを確立させていきたいですね。
(取材・文=中村拓海)