画像

写真拡大 (全2枚)

 ジーニーのMAプラットフォーム「MAJIN」が経済産業省の推進する「IT導入補助金」対象サービスとなった。同制度を活用し新規で「MAJIN」を導入すると、導入費用の3分の2以内かつ20万円から100万円までの補助金を受け取ることができる。

 ジーニーのマーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN(マジン)」が経済産業省の推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)」対象サービスとして認定された。

「MAJIN」サービスサイトのイメージ

 MAJINがIT導入補助金の対象サービスとして認定されたことで、同制度を活用し新規でMAJINを導入すると、所定の条件を満たしていれば、導入費用の3分の2以内かつ20万円から100万円までの範囲で補助金を受け取ることができる。

 IT導入補助金の対象は中小企業・小規模事業者等と定められており、業種等により条件が異なる。

MarkeZine編集部[著]