今年の2月、ついに日本でもデリバリーが開始されたホンダ・NSX。日本の誇るスーパースポーツが京都嵐山の峠を全開走行しました。

正真正銘の公道での全開走行です。といっても、違法に走らせているわけではなく、撮影許可を取っての走行。

ドライバーは、LEXUSの開発ドライバーを務めるレーシングドライバーの飯田章選手です。

残念ながらウェット路面での撮影となりましたが、そこはプロドライバー。安全に注意を払いながらもレッドゾーンまでしっかりアクセルを踏み込んでいました。

サーキットではなく峠道を全開で走る様は非日常そのもの。見てる側は猛烈に興奮しました。

今回の記事ではNSXを取り上げましたが、当日はほかにも17年モデルの日産・GT-R、トヨタ・86、スバル・WRXも同じ峠道を全開走行しました。

この模様は4月26日発売のビデオオプション278号でご覧いただけます。

(ビデオオプション編集部)

【関連リンク】

VIDEO OPTION Vol.278
http://www.v-opt.co.jp/dvd_detail/187

公道を全開走行!新型ホンダ・NSXが京都嵐山の峠を走るッ!!(http://clicccar.com/2017/04/26/466868/)