クリント・イーストウッド監督 Photo by Kevin Winter/Getty Images

写真拡大

 「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」など実話の映画化が続くクリント・イーストウッド監督が、2015年のタリス銃乱射事件を題材にした新作のメガホンをとることが明らかになった。

 タリス銃乱射事件は15年8月21日、500人以上の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で発生。イスラム過激派の武装した男がブリュッセルから乗車し、トイレで自動小銃AK-47を補填後に無差別殺傷を試みたが、旅行中でたまたま乗り合わせていたアメリカ空軍1等兵のスペンサー・ストーン氏とオレゴン州兵アレク・スカラトス氏、2人の友人でアメリカ人大学生アンソニー・サドラー氏の3人がテロリストを取り押さえ、大惨事となるところを未然に防いだ。

 米Deadlineによれば、新作は“英雄”3人とジェフリー・E・ストーン共著のノンフィクション書籍「The 15:17 To Paris: The True Story of A Terrorist, A Train, And Three American Heroes(原題)」をもとに米ワーナー・ブラザースが映画化。「ハドソン川の奇跡」「LOGAN ローガン」「夜に生きる」などでアシスタントを務めてきた、新人脚本家ドロシー・ブリスカルが脚本を執筆している。イーストウッド監督は年内クランクインに向けて、3人のヒーローを含むキャスティングを早急に開始するという。