赫眼したカネキのビジュアルお披露目! (C)2017「東京喰種」製作委員会
(C)石田スイ/集英社

写真拡大

 石田スイ氏の人気漫画を窪田正孝と清水富美加の共演で実写映画化する「東京喰種 トーキョーグール」のティザービジュアルが完成し、窪田扮する半喰種の主人公・カネキが赫眼(かくがん)した姿が初披露された。あわせてカネキ、トーカ(清水)、亜門(鈴木伸之)、リゼ(蒼井優)、真戸(大泉洋)ら主要キャラクターの写真も一挙に公開された。

 累計発行部数2200万部を突破した人気漫画を萩原健太郎監督が実写化する本作は、人を食らう怪人「喰種(グール)」が潜む東京が舞台。喰種の少女リゼの臓器を移植され、半喰種になってしまった青年カネキが、喰種を駆逐しようとする人間たちとの戦いに巻き込まれていく姿を描く。

 普段の生活では人間と区別がつかない喰種。だが独自の生理現象・赫眼があり、興奮状態の時や特殊能力を使用する際には眼球が赤く変色する。半喰種のカネキは片目だけが赤くなるため、普段は眼帯を着用している。

 ティザービジュアルは、東京の街並みをバックに「人間と喰種 二つの世界を知る 唯一の存在」というキャッチコピーが刻まれている。上部には両目を見開き、前を見据えるカネキ、下部には赫眼したカネキがマスク越しに真っ赤な瞳を妖しく光らせる姿が配されている。

 「東京喰種 トーキョーグール」は7月29日から全国公開。