朝鮮人民軍軍種合同打撃示威を視察した金正恩氏(2017年4月26日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の創建85周年を祝う「朝鮮人民軍軍種合同打撃示威」を視察した。日時は明記していないが25日と見られる。朝鮮中央通信が26日、報じた。

同通信によると、午前10時に金正恩氏が前線東部空港に到着し、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李明秀(リ・ミョンス)、朴永植(パク・ヨンシク)の各氏が迎えたという。

金正恩氏は、軍種合同打撃示威を見ながら、「命中だ、百発百中だ、われわれの潜水艦の海兵と戦闘飛行士らが本当に立派に戦う」とたたえた。

また、金正恩氏は300余門の大口径自走砲の砲撃を見ながら、「勇敢な砲兵たちが目標を容赦なく打撃する、胸がすうっとするように本当に上手に撃つ、打撃がとても正確だ、敵対勢力にはただ無慈悲な懲罰で応えるわが一当百の砲兵武力の砲火がどんなものかをはっきり見せつけた」と述べた。

そのうえで、「朝鮮労働党に限りなく忠実な英雄的朝鮮人民軍がいる限り、社会主義祖国は金城鉄壁であり、この地に最後の勝利の新しい朝が燦然と明るんでくるだろう」と語った。