写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プレイドは4月26日、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、インテージが提供する小売業向けのレコメンドエンジン「Genometrics(ゲノメトリクス)」との連携を開始した。

「KARTE」は、Webサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化でき、個々の来訪者にあわせた接客をWeb上で実現するサービス。

「Genometrics」は、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどの小売業が持つID-POSデータ(購買履歴や購入者属性)を解析し、生活者の食・健康・買い物などに対する価値観やライフステージを推定・可視化するサービス。

具体的には、「既婚、子持ち」などの家族構成や、「健康志向」「節約志向」などの価値観、カテゴリ別の購買量のポテンシャルをインテージが独自のアルゴリズムで集計・分析したデータを基に推定し、潜在ニーズを浮き彫りにする。

今回、Genometricsと連携することで、KARTEのセグメントに「健康志向」や「節約志向」といった来訪者の価値観やライフステージを加えることができるようになる。これにより、来訪者がどのような価値観や目的を持っているかを把握することができ、価値観に応じたアプローチやおすすめ商品提案が可能となる。

(山本明日美)