伊藤英明「時効ってなんだよ!」執念の刑事を熱演『22年目の告白』特別映像が解禁

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』(6月10日公開)。このほど、伊藤が熱演する“執念の刑事”牧村航の特別映像が解禁となった。

入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

今回解禁されたのは、22年前の事件で全てを失った刑事・牧村にフィーチャーした映像。当時、連続殺人事件を担当したのが牧村刑事。4件目の事件が起きた時、犯人をあと一歩のところまで追いつめたが、争った末にナイフによって口を切られ、寸前で取り逃がしてしまう。犯人から目を付けられ“5人目の標的”となった牧村は命を狙われるが、牧村の代わりに尊敬する上司・滝(平田満)が殺されてしまう。大切な上司を失い、犯人への憎しみが募る牧村は「あの時捕まえていれば……どんなことをしてでも見つけ出す」と心に誓うが、警察の捜査もむなしく、事件は未解決のまま時効を迎える。そして、牧村は「時効って…時効ってなんだよ!」と悔しさを滲ませるのだった。

そんな牧村を演じた伊藤について、入江監督は「牧村はある種の“敗北”と共に生きていて、失意のどん底の中をずっと生き続けている人なんです。そんな牧村には、男くさくて野性的な伊藤さんがぴったりだと思いました。今まで伊藤さんが演じてきたような正義のヒーローではなく、今の年齢だからこその魅力が出ていると思います」と絶賛。まっすぐな正義感だけではなく、拭えない過去の憎しみや、曾根崎を22年間も追い続ける執念を持つ牧村を、伊藤はどのように演じているのか。