「またかと怒りを覚えた人も多かったのでは」と司会の夏目三久が伝えたのは、今村雅弘復興相がきのう25日(2017年4月)夜に東日本大震災について、なんと「東北でよかった」と吐いた暴言だ。都内の自民党二階派のパーティだったから安倍首相も出席していて、同じ壇上で「東北の人を傷つける不適切な発言」とわびたほどだ。今村氏は復興相を辞任したが、国会議員としての資質も問われる。

東日本大震災の被災地からは「言ってはいけないこと」「悲しくなります」「人間としてまず疑問」「こっちのことも考えてほしい」といった声があがった。

夏目「私は本当に許せないと思います」

原発自主避難「本人の責任」発言でも物議

今村氏は佐賀県出身の70歳。佐賀二区から出馬、7期連続当選して昨年初入閣した。福島第一原発の自主避難者を「本人の責任」と切り捨てる発言をし、記者の追及に激高する醜態も演じて物議をかもした。今回の暴言では2時間後に謝罪し、さらに2時間後に辞任の意向を語った。

鎌田靖(元NHK解説委員)「記者に促されていやいや改めている。何が問題なのか、わかっていない。怒りを通り越してあきれます」

問題は、こんな人物が復興相をしていたことだろう。暴言のその場で首相が誤ればすむというものではない。もちろん、選挙で投票した人の責任もある。

龍崎孝(元TBS政治部長)「国会議員であることが恥ずかしくないのか。有権者は考えてほしい」

被災地福島市の17歳女性が「私は18歳になったら、ちゃんと判断して人を選びます」と話していた。佐賀の人たちはどう受けとめるだろうか。