マドンナ、バイオグラフィ映画制作に「私のストーリーは私にしか語れない」

写真拡大

マドンナの半生を描く映画が制作されることが決まったようだ。しかし、本人はハッピーではないらしい。

◆マドンナ画像

『Hollywood Reporter』は月曜日(4月24日)、マドンナのキャリア初期に焦点を当てたElyse Hollander著の脚本『Blond Ambition』の権利をユニバーサルが獲得したと伝えた。このニュースが流れるとすぐに、一部で「誰がマドンナを演じるのか?」など盛り上がりを見せたが、本人はそんな状況に一石を投じた。

彼女は、映画で描かれることになるであろう時代の写真をインスタグラムに投稿し、こんなコメントを寄せた。「私が知ること、私が見てきたことを知る人は誰もいない。私のストーリーが語れるのは私だけ。私以外にそれをしようとする人は、ペテンだし愚かだわ。やっていないのに、すぐに満足感を得ようとする。それって、私たちの社会の病癖よ」

映画では、70年代終わり、37ドルしか持たずNYへやって来たマドンナが、タクシーの運転手に「全ての中心地へ連れて行って」と頼み、タイムズ・スクエアで降ろされてから、下積み生活を送りブレイクするまでの数年間を描くと言われている。

Ako Suzuki