最上もがの“魔術シーン”撮影の裏側

写真拡大

アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがが先日、ベネディクト・カンバーバッチ主演作「ドクター・ストレンジ」のMovieNEX発売(6月2日)に向けた“魔術シーン”募集キャンペーンの一環で、“魔術シーン”に挑戦した。このたび、その撮影の舞台裏に迫るメイキング映像(https://www.youtube.com/watch?v=pdtaUIEd3a4)が解禁となっている。

最上が披露した魔術シーン「本物のぼくは?」は、何人もの最上が、目の動きや顔の表情を合わせて同時に動く不思議な世界。この魔術シーンの撮影にあたり、3つの鏡を合わせて万華鏡のようにし、最上がのぞき込んでいた。

「みんなでやってもらえたら楽しそうだなと思いました!」と最上がコメントするように、アイデア次第で手軽に楽しく撮影することができる。

また、「ドクター・ストレンジ」に登場する“ミラー次元”を表現した「ようこそミラー次元へ」も、ビデオカメラをテレビにつないで簡単に撮影可能。撮影中、自身の姿を見ることができなかった最上は、「これ、すっごい面白いです!」と声を弾ませて話し、その出来上がりを見て笑みがこぼれた。

さらに、魔術シーン「本番前のぼく」は、椅子に座っている最上の様子を収めた写真。よく見ると周りの景色に違和感を覚える。実はこれ、椅子を壁沿いに並べ、最上は床に寝るようにして撮影をしていた。撮影後、最上は「腹筋がプルプルしました 」と楽しそうにコメントした。

そして魔術シーン「えぇぃ!」は、ドクター・ストレンジのようにマントをまとった最上が、両手を広げてスタッフを吹き飛ばしている写真。この様子は実際にメイキング映像で確認できる。

すべての撮影を終えた最上は「すごく面白かったです!みんなにも真似してほしいし、他のアイデアがあればぜひ教えてください!」と楽しそうに振り返った。このメイキング映像は普段見ることができない最上の姿がたっぷり収録された必見の映像だ。

なお、最上が挑戦した全ての“魔術シーン”は、キャンペーンサイト(http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange/majyutsu.html)で公開されている。
「ドクター・ストレンジ」MovieNEX(4,000円/税別)は6月2日に発売、数量限定の「ドクター・ストレンジ MovieNEXプレミアムBOX」(9,000円/税別)も同時発売。また、5月3日には先行デジタル配信がスタートする。